最近の邦画がクソつまんねえ駄作のループ期間から抜け出せない理由を冷静に考えてみた!

怒っている女性

最近、邦画を観ていると急に変な発作が起きそうになるので、なんかの病気かと思ったが、冷静に考えると邦画の方に問題がある可能性もある!

邦画が嫌いというわけではない。小さい頃に観た寅さんや釣りバカ日誌、マルサの女、黒澤明作品など、思い入れがある作品もたくさん。

しかし、一昨日も進撃の巨人を観ていて発作が起きそうになった。急に動悸がする理由をいくつか考察してみたので、読んでみてほしい。

解決策まで読んでくれた人は一緒に日本映画の未来を守ろう!!

アイドルキャスティング

AKB、ジャニーズ、EXILEを筆頭に、アイドル商法は日本の映画業界に大きな影響を及ぼしている。

〇〇ちゃんや〇〇君が出ているから観に行く!というファン心理は理解できるが、映画でなく顔面を観て満足する客が多数派になってしまったのが日本。

宣伝効果と動員数が見込め、さらにファンが映画のグッズやDVDを買ってくれるので、アイドルキャスティングをせざるを得ないのだ。

結果、大根役者のみならず、ゴボウがいきなりオーバーリアクションするかのような演技を2時間観させられる拷問となる。いきなり泣いたり叫んだりするな!ビックリするだろうが!!

イケメンと美女ばかり

アイドルキャスティングが理由でもあるが、これもタチが悪い。

主役はもちろんイケメン、ヒロインは美女!そこまでは許せるし、普通。

しかし、三枚目役の奴までイケメン。ヒロインの友達まで美女!これは許せん!!

出演者がイケメンや美女ばかりだと日常とかけ離れすぎていて、感情移入できない!残念ながら、石原さとみにNOと言える風潮が今の日本にはないようだ。

コース料理が全皿メインの肉だと胃もたれするのと同じである。

製作委員会方式

複数の分野の複数の会社が映画製作に出資し、利益を分配するシステムを製作委員会方式という。

製作委員会方式のイラスト説明引用元:Internet Watch

映画の資金について、昔のように一つの会社による出資であれば話はシンプルなのだが、製作委員会方式をとるとひとつの映画に対し複数の会社の利害関係を孕んでしまう。あちこちから口出しやNGがわいてくるという事態は割と少ないようだが、キャスティングありきで脚本の制作に入るという本末転倒な事態も発生。

製作委員会方式はアイドルキャスティングなどの根本的な原因であり、単一会社が出資するという元のシンプルな形に戻すべきなのだが、日本映画業界は動かせるお金の規模が少ないので、製作や出資する側のリスクが分散できるというメリットの方が勝ってしまう。

ゴミ脚本

古いアイデア一発のゴミ脚本

「〇〇に行けば時間が戻る!」「あの日をもう一度繰り返せるとしたら」ありふれた設定に、説得力皆無の高校生をくっつける最近の邦画。彼らが生み出しているものはアイデアではなく、予告編で聴こえがいいだけのゴミシュチュエーションだ。

もちろん、タイムトラベルやその他ぶっ飛びアイデアに、登場人物のキャラや設定がついてこれば問題ない。しかし、アイドルキャスティングの成果である素晴らしい演技力により、説得力は宇宙の彼方へと打ち上げられる。

テーマ性ゼロ

結局何が言いたいのか?わからない。映画に限らず物語にテーマを持たせるって一番大事なことじゃない?友情?恋愛?成長?何が言いたいの?

金を払っているとか偉そうなことは言いたくないが、なぜ鑑賞後に喉につっかかりを感じなければならないのか?テーマ性を軽視する製作過程に逆に興味が沸く。

非論理的なストーリー

邦画では、こんな理由でこんな行動はとらない!という感情論すら破綻した非論理的ストーリーが多い。

進撃の巨人で言えば、巨人は人の声に敏感だと言っているそばから、主人公が幼馴染を取られたショックで叫び出す。観る側を完全にナメている。

なめるなよという猫

マンガやアニメの実写化

マンガやアニメの実写化は、すでにみんなの頭でキャラや世界観が映像化されているので、物凄くハードルが高い。しかし、話題性がありある程度の興行収入が見込めるので、ビジネスとして作ってしまう。原作のファンがDVDなどを買ってくれるということもある。

るろ剣とか銀魂とかテルマエロマエとかはまだいい!!デビルマンとか、テラフォーマーズとかそもそも実写映像化が無理そうな作品はもうやめてくれ!なんなら土下座する!頭を踏みつけてくれてもいい!

マンガやアニメの実写化をする場合、多少なり元の世界観が崩れるのはしょうがない。だからこそ、どうにか面白い作品にしなければ原作のファンに申し訳が立たないはず。

しかし、職人魂を捨て開き直ってアヘ顔になっているかのような作品が多い。製作委員会方式のせいで、職人魂が発揮できる環境がないというのが理由かもしれないが。

批評家がまともに批評しない

TVに出るような映画の批評家や評論家で、まともに批評している人が少ない。悪い作品について理由を挙げて批評するのも彼らの仕事のはずなのに、”良いところ”しか言わない。

一般の人たちはそういった指標をもとに、良い作品に巡り合おうとしているのに。

理由は分かると思うが、TV局が映画製作に出資していることが多いため、関連する作品をこき下ろすと自分も番組を降ろされるのである。

提案と解決策

アイドルに演技を徹底的に仕込む

解決策は、アイドルに徹底的に演技を仕込むということ。必要ならコンサートも棒に振ろう!

日本ラズベリー賞

日本ラズベリー賞を普及させたい!各映画雑誌が独自にやっているものがあるが、知名度が低いので一般まで浸透しない。権威がある日本ラズベリー賞協会を作り、受賞作品はしっかり午後のワイドショーでネタにして主婦層に広めてもらおう!

コンプライアンスを緩くする

右を向いても左を向いてもコンプライアンス。下品な表現はできない。勘違いするようなシーンは作れない。未成年に悪影響を及ぼすストーリーはNG!すべて守ると毒にも薬にもならない駄作が生まれるのは当然。

コンプライアンスってゆるゆるに出来ないもんかね?

人の本能に絡んだ醜さや罪も映画にすれば芸術になりうる可能性を秘めているのに。なんと勿体無い。

遠吠えする狼

最近の邦画がクソつまんねえのまとめ

アイドルキャスティング、製作委員会方式、ゴミ脚本など、邦画をつまらなくしている理由をお分かり頂けたと思う。すぐに変えることは難しいが、色んな方法で警鐘を鳴らさなければ、地球が終わるその日まで邦画の品質が落ち続けるという悲劇になりかねない。

一刻も早く、駄作のループから抜け出し、話題になるメジャーな邦画新作を毎回楽しみに観に行く!というよい流れを作りたい!全てが塵と化すその前に。。

KOTA
ランキングに参加しているので、記事が参考になったらページ下部(PCの場合はサイドバー)にあるブログボタンをクリックしてくれる親切な天使を求む!