映画「進撃の巨人」私の感受性が死んだ!感想や考察!「そんなひどいのか?」実写を観て理性崩壊!

映画 進撃の巨人 GIF 

いつからか洋画ばかり見るようになった。

たまに僕は日本人だ!と思い直し邦画を観るが、話題作も全く面白いと思えず、また洋画を観てしまう。

もちろん邦画にも良い作品はたくさんあるのだろうが、新作で面白い映画に巡り会う確率が低すぎる

そうだ!評価が悪いと言われている作品を観て邦画の弱点を知り、少しでも世の中に発信していこう!そうすれば少しずつ日本の映画事情が良くなるはず!

志を高く掲げ、映画「進撃の巨人」を観ることにした。結果、心が折れて感受性が死にかけた。僕は少年ジャンプで大砲の弾を防ごうとしていたようだ。

目が死んでいるライオン

僕の感性へのレクイエムとして、映画「進撃の巨人」の良くない点を少し聞いてほしい。

おっさんが演じるおっさん

最初の悲劇は、巨人の顔がその辺にいる普通のおっさんだということ。確かに原作漫画の巨人はおっさん顔の奴もいて、それなりに不気味。しかし、それはマンガだから許せた。本作はなぜかクソ真面目に、おっさんでおっさんを実写化している。

慣れないメイクをしたおっさん達が画面を埋め尽くす時間が上映の半分という「進撃のおっさん」状態。

大きなおっさんが人を喰い散らかす描写は変なグロさとマヌケさを併せ持ち、観客の心は空中分解する。

進撃の巨人

街にいる大勢の人々が泣いていたのは巨人に喰われるからじゃない、この作品が映画史に残る駄作になることを知っていたからだ。

軍なの?幼稚園なの?

あまり詳しくないのだが、軍とは一体何なのか?小学校の先生と生徒の関係より規律が緩いのか?だとすると軍とは幼稚園のようなものなのか?

幼稚園児と先生

確かに進撃の巨人では、勝手に軍用車から離れて巨人に襲われ、大声を出し仲間を窮地に追い込む女がいた。彼女は特に叱られてもいないので、幼稚園だとしても無認可だろう。さらに主人公(三浦春馬)も叫びだす。理性が未発達だとしか思えない。

あと、ちょっとお色気的な雰囲気の後、巨人たちに囲まれるが、巨人がいる街のど真ん中で野営するのに、見張りはいないのか?当番を忘れるタイプばかりなのか?先生は当番をチェックしないのか?

キャストの足腰が弱い

進撃の巨人の三浦春馬

肉体労働が多い過酷な塀の中で生活しているにも関わらず、登場人物の体型はヒョロガリ体型で現代っ子そのもの。走り方がナヨナヨしており、部活に入れなかった帰宅部連中が巨人と戦うという感じでいたたまれない。

役作りで筋肉付けたりとかしないの?ここは原作に寄せなくていいんじゃない?

細かい点をいうと、エキストラの髪型とかも、”脂感”とか汚れた感じがないのもおかしい。

登場人物たちの関係性がツギハギ

眼鏡をかけるねこ

バックグラウンドの説明が不十分な登場人物が多すぎて感情移入とか共感以前の問題。昨日となりに越してきた人物といきなり海外旅行に行かされるような感覚である。

そのくせ無駄なダラダラとしたシーンは多いので、登場人物の出会いやキャラ説明に時間を割いてもよかったんじゃないのか?原作ではそこが魅力なのに。。

ピエール瀧

最近コカ◯ンで話題のピエール瀧さん。進撃の巨人では狂言回し的な役だったが、軍の機密をいきなり一般人の主人公に喋ったり、いきなり飲んだくれになってたり、何してんの?という場面が多かった。(飲んだくれでベロベロの演技はうまい!)

ただこれもピエール瀧さんの問題というより、必要なシーンを撮っていなかったり、編集が悪かったりした結果だと思う。

石原さとみさん。。

映画 進撃の巨人 GIF 

今作の石原さとみさんは、主人公の部隊のリーダー的存在のハンジ。しかし演技はぶりっ子で痛い学級委員長のよう

そこそこドラマや映画のキャリアがある彼女は、セリフの言い回しで空気を破壊することに非常に長けている。

しかも石原さとみさんは、監督の樋口真嗣さんと二人で話し合って今作のハンジというキャラを作り上げたらしい。

何故いきなり叫び出すキャラにしたのか?センスがブラックホール!

カワイさって映画の雰囲気と引き換えにするべき要素なんか!?インシテミルからずっと僕の宿敵です。

町山さんの脚本なのに。。

映画「進撃の巨人」は著名な映画評論家の町山智浩さんが脚本に携わっているということで、期待していた部分も大きかった。

しかしストーリーはゴミだった。調べてみると、町山さんが書いた脚本は、原作者の意向や監督の思いつきでまったく思い通りにならなかったそうだ。

複数の会社が出資する製作委員会方式では指図や改悪しなければならない状況が多すぎる。むしろ彼も被害者だろう。

進撃の巨人の考察 最後に

結局、映画の進撃の巨人は誰得の映画なのか?君は得をしたか?原作ファンは絶叫、映画ファンは嗚咽(おえつ)。話題性で割と興行収入があった今作で、得したのは出資した会社だけだろう。彼らは真っ当な作品を作らずに金儲けしているのだ。これでいいのか?

通販で漫画を買ったのに変な同人誌が届いたら当然文句を言うだろ!?映画界ではそんな状態がまかり通っているのだ。

Netflixで今作を観た僕はまだいい(それでも後編のエンドオブワールドは確実に地雷だし怖くて観れない)。映画館の大迫力で観た人の中には、トラウマで二度と邦画が観れなくなった人もいるだろう。合掌。。レストインピース。

KOTA
ランキングに参加しているので、記事が参考になったらページ下部(PCの場合はサイドバー)にあるブログボタンをクリックしてくれる親切な天使を求む!