面白いぞ!フィアー・ザ・ウォーキング・デッドのシーズン2のあらすじネタバレ

完全ネタバレでフィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン2のあらすじ解説をします!

シーズン1でストランドの豪邸に到着したトラヴィスたちはどうするのか!?

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン2の登場人物

ニック

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン1

短大を中退しぷらぷらしているコカイン中毒の青年。

トラヴィス

トラヴィス

マディソンの夫、前妻ライザとの間に息子のクリスがいる。高校の英語教師。

マディソン

アディソン

トラヴィスの妻でニックとアリシアの母。元夫は死亡。高校の進路指導員。

アリシア

アリシア

マディソンの娘でニックの妹。成績優秀で、バークレー大学への進学が決まっていた。

クリス

トラヴィスとライザの息子。正義感が強かったが、精神が不安的に。

ダニエル

ダニエル

トラヴィスたちがデモの時に逃げ込んだ理髪店の店主。元々メキシコの内戦に関わっていた。

オフェリア

ダニエルとグリゼルダの娘。

ストランド

交渉上手の黒人男性。ニックと一緒に軍病院のフェンスから抜け出した。西海岸に大豪邸を所有している。

アレックス

漂流して陸地に流れ着いたアジアン人女性。

ジャック

アリシアが無線で交信した青年。コナーのグループに属する。

リード

コナーの弟で凶暴な性格。

コナー

周辺の船を襲って物資を調達しているグループのリーダー。

トム

やり手の不動産屋でメキシコ育ち。ストランドの恋人。アビゲイル号の持ち主。

ルイス

トムの兄弟分。

セリア

トムとルイスの育ての親。

ルシアナ

アレハンドロの集落で暮らす女兵士。

アレハンドロ

感染者が世界を浄化しているという理念で集落に新たな信仰をもたらしたリーダー。

ブランドン

クリスが出会ったアメリカ人青年。

デレク

クリスが出会ったアメリカ人青年。

ジェームズ

クリスが出会ったアメリカ人青年。脚を撃たれる。

シーズン2 第1話 モンスター あらすじネタバレ

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン2第一話

トラヴィスやクリスは、ライザの死に打ちひしがれながらも、みんなでストランドのクルーザー「アビゲイル」へと乗り込んだ。

ストランドは目的地を安全そうなサン・ディエゴとし、一同はそれぞれ、船の中で思いおもいに過ごす。

ダニエルは釣りをし、大きなウナギを釣った。クリスも釣りをする。

ライザを海に葬ろうと一同が集まり、トラヴィスが元妻に対する思いを話していたところ、耐えきれなかったクリスは、ライザの死体をいきなり海に投げ入れる。

アリシアは、無線である男と密かに連絡を取り合う。
無線の先の男は恋人が死に、兄夫婦と一緒に船に乗っているという。アリシアは無線で現在地を言ってしまい、ストランドに怒られる。

ダニエルの釣った大きなウナギをメインに、みんなで酒を飲みながら夕食を取っていると、クリスとニックが海に飛び込んで泳ぎ始めた。

すると、海にゾンビがおり、そばに攻撃された船の残骸があった。

アリシアは無線の男に助けられないと言うが、「大丈夫、もう君を見つけた」と返ってきた。

ストランドは危機を感じ、海上に停泊させていた船を出発させる。

シーズン2 第2話 転落 あらすじネタバレ

 

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン2第2話

トラヴィスの助言で、ストランドは船をカトリナ島に向ける。
カトリナ島に船を停泊させ、アビゲイル号を追ってくる船をやり過ごすことに。

カトリナ島には民家があり、ジョージ一家が暮らしていた。
トラヴィスはビールを飲みながら、ジョージの話を聞いているが、彼によるとサン・ディエゴなど、アメリカ西部は全て軍による爆撃を受けているということだった。

ニックやアリシアは、ジョージの子供のハリーとウィラと一緒に遊び、マディソンは母メリッサの話を聞いて過ごした。

ダニエルはアビゲイル号の操縦室の椅子の下に、メキシコの地図と、マシンガンが隠されていることを発見。

クリスは、ジョージの息子セスに習って、島に流れ着いてきたゾンビをツルハシで倒していく。

ニックはいつものように、ジョージの家でドラッグが無いか探していると、毒薬を発見。
ジョージが一家心中する気だと考える。

メリッサはこの島もいずれ危険になると考え、マディソンにハリーとウィラの二人を船に乗せて欲しいと頼む。

ウィラは誤って毒薬を飲んでしまい死亡。ゾンビとなって母のメリッサに襲いかかる。
トラヴィスとマディソンはハリーを担いで船に逃げるが、セスが銃を持ってハリーを奪い返した。

ストランドは船を出発させる。

セスは、埠頭をゾンビとなって歩く母メリッサをライフルで撃った。

シーズン2 第3話 ウロボロス あらすじネタバレ

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン2第3話

夜、クルーザーが突然停止。
船の冷却装置やろ過システムが、排水に物が詰まって、上手く機能していないと考えたトラヴィスは、船底に潜り、詰まっているゾンビを発見。どうにか取り除いて船の整備を進める。

船を整備している間、ニックは近い陸地に、飛行機が墜落した跡を発見。
物資調達のため、アリシア、クリス、ダニエルを連れ、陸地へ向かう。

ダニエルはマディソンに、ストランドの目的が、最初からメキシコであったことを告げる。
マディソンがストランドを問い詰めると、彼はみんなで一緒にメキシコのバハに行こうと言う。
そこには高い壁や十分な避難設備がある、彼の家があるとらしい。

クリスは飛行機の中で、背中にボルトが刺さって死にそうな男性を発見。落ちていた金属で殴り、トドメを刺す。

ダニエルがクリスを探していると、丘の向こうからアジア系女性が走ってくるのが見えた。
彼女を追って大勢のゾンビが海岸にやってくる。
アリシアたちは囲まれたが、ゾンビの血を塗って紛れ込み、ゾンビを倒すニックのおかげでなんとか助かる。

ニックたちは、アジア系女性アレックスと、全身に火傷を追っている彼女の息子を連れ、クルーザーに戻るが、ストランドは船に入れることを許さない。
トラヴィスが船で牽引してサン・ディエゴまで連れて行こうと提案した。

しばらく経ったのち、ストランドはアレックスとその息子が乗るボートの紐を切った。

シーズン2 第4話 通りの血 あらすじネタバレ

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン2第4話

ストランドの回想:ストランドは不動産を持っていたが、洪水で物件がダメになり破産。トム(トーマス)というやり手の不動産屋と酒を飲み、酔いつぶれている彼からカードを盗んで3万ドル使う。

トムと彼の友達ルイスはストランドを見つけるが、トムはストランドを気に入り、一緒にビジネスを始める。やがてトムとストランドは恋愛関係に。

ストランドはトムの忠告を無視し、感染が広がる中、ロサンゼルスへ不動産の買い付けに向かった。

現在:ニックはストランドに言われ、泳いで海岸沿いにあるルイスの家へ。ストランドはルイスを拾って、トムのいるメキシコまで行く予定だった。

アビゲイル号に、アリシアが更新していたジャックとその仲間リードと妊婦が漂着。
助けを求めているかのように見えた彼らだが、マディソンらを襲って船を制圧。
ストランドは船からゴムボートで逃げ出すが、海上でリードに撃たれる。

トラヴィスはリードに強要され、ストランドが持つ鍵なしで操作できるように船を整備する。

コナーというリードたちのボスが到着し、ジャックがトラヴィスとアリシアだけ連れて去っていく。

ニックとルイスがボートでクルーザーに戻る途中、看板に武装した集団を発見。ルイスがライフルで狙撃し、二人倒す。

混乱に乗じてダニエルが拘束を解き、マディソンがリードをナイフで刺した。

アリシアは、海に浮かんでいたストランドをボートで救助。

シーズン2 第5話 とらわれの身 あらすじネタバレ

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン2第5話

ダニエルは捕えたリードの腹の傷の応急処置をする。
クリスは自分がリードやジャックを撃てなかったと後悔し、リードを監視する役目を請け負った。

アリシアは港に停泊するコナーの船で、ステーキを出された。
ジャックと他の船を監視する任務をさせられていたところ、アビゲイル号らしき船がこちらに向かってくるのを、レーダーで発見。

アリシアはアビゲイル号が陸地に寄って、みんなを降ろしていないということに憤慨。ジャックに頼み、夜にトラヴィスを連れてアビゲイル号を見に行くことにする。

マディソンは無線でコナーと交渉。コナーの弟のリードを返す代わりに、アリシアとトラヴィスをこちらに渡すことで合意。

しかし、クリスがなぜかリードを射殺してしまい、交渉をどうしようか悩む一同。ゾンビ化したリードの頭に布を被せ、マディソンが交渉場所の埠頭へ、ボートで向かう。

交渉場所にはコナーと手下、そしてトラヴィスがいた。アリシアはいなかったが、マディソンはリードをコナーに渡す。

ゾンビ化したリードはコナーに襲いかかり、彼を喰い殺す。トラヴィスが部下の男をボコボコに殴っている最中に、マディソンはボートを動かし二人で乗り込んだ。

ジャックの元から逃げたアリシアも、船の上から海へ飛び込み、3名はボートでアビゲイル号へ帰還。

シーズン2 第6話 水を求める鹿のように あらすじネタバレ

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン2第6話

アビゲイル号は目的地のメキシコのバハの海上に到着したが、軍隊が乗船してきて揉め、ルイスが撃たれて死亡。

一同はメキシコのバハに上陸。
教会の前で大勢のゾンビ化した信者に襲われ、みんなで倒していく。
マディソンがゾンビの下敷きになりピンチだったが、なぜかクリスは傍観し、アリシアが助けた。

みんなはトムの屋敷についた。
敷地は広く、壁もある。迎えてくれたのはトムの母親代わりのセリアという女性。使用人も何名かいる。

ストランドは恋人のトムの側へ行くと、彼はゾンビに噛まれて熱を出している状態だった。

クリスはアリシアを見つけ、マディソンのピンチを傍観していたことを、誰にも言うなと脅す。

ダニエルが夜に歩き回っていると、地下にたくさんのゾンビが匿われているのを発見。
セリアを問いただすと、彼女は死者の世界を信じており、教会の信徒たちにも毒を盛って殺したことがわかった。

夜、クリスはナイフを持って、アリシアの枕元に立つ。銃声がなりマディソンとアリシアが起きクリスに出て行くよう叫んだ。

ストランドはベッドでトムを射殺していた。

シーズン2 第7話 シバ あらすじネタバレ

ウォーキング・デッドシーズン2第7話

セリアは、ストランドがトムの頭を撃ち抜いたことに怒り狂う。

クリスは屋敷の外へ飛び出し、トラヴィスが彼を追いかける。

ニックが船からゾンビ化したルイスを連れてきて、セリアを喜ばせる。ストランド以外は、この屋敷にいても良いことになった。

トラヴィスは足を怪我しながら、ある男性の家でクリスを見かけなかったかと尋ねる。なんとクリスは男性の子供を人質に取り、その家に立てこもっていた。

逃げるクリスをトラヴィスが追い掛ける。クリスはトラヴィスにナイフを振り回してきた。

ニックがトラヴィスを見つけてやって来たが、クリスがこの状態なので、マディソンやアリシアの元に戻れないと言い、二人で残ることにする。

セリアは、マディソンに死の世界を理解してもらうため、ゾンビがいる地下の部屋へ案内する。マディソンはセリアを中に残し、牢屋の扉を閉めた。

ダニエルは錯乱し始め、妻のグリゼルダが見えるようになる。使用人を怪我させてしまい、軟禁されるが、脱出して、地下のゾンビや建物に火をつけた。

マディソン、アリシア、オフェリアはストランドと車でボートへ逃げることに。ダニエルは見つからない。

ニックは戻って来たが、屋敷が燃えているのに落胆し、マディソンの制止を振り切り、一人でどこかへ行ってしまう。

シーズン2 第8話 グロテスク あらすじネタバレ

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン2第8話

ニックは、トムの屋敷に住んでいた使用人と別れ、一人で死人が怪物扱いされていない北を目指す。彼は、ゾンビがまだ完全に死んでいないと考えていた。

歩いていると空き家が見え、そこで焚き火をして寝ていると、現地の子連れ女性が現れ、バットで叩き出されてしまう。ニックは荷物を取る間も無く退散。

ハイウェイを歩いていると、ギャングらしき人物に銃で追い回され、ニックは砂漠を彷徨うことに。途中で犬に噛まれながら、ゾンビと共に移動を続けるが、ついにハイウェイで水分不足で気絶。

ニックの回想1:ドラッグのリハビリセンターで、家族面談のため入って来たマディソン。ニックの父が交通事故で死んだことを告げ、二人は泣く。

ニックの回想2:教会でグロリアと読んでいる本の話をしながら、ドラッグを炙る。

再び現在→雨が降って来た。雨水を必死で飲むニック。

ある家屋に入り、犬に噛まれた治療をしようとしていると、銃を持った3人組に出会う。彼女らはニックに水をくれ、壁がある集落に案内し、ドクターに足を治療するよう頼んでくれた。

外では子供たちが元気にサッカーをしている。

シーズン2 第9話 ロス ムエルトス あらすじネタバレ

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン2第9話
ニックが滞在する集落では、死に近い人物を死の壁(ゾンビの壁)に加える儀式をしているようだ。その日もある女の子の父親が、怯えながらも自らゾンビの集団へ入り、喰われた。
ニックは、助けてくれたルシアナという女性に連れられ、ギャングが支配する通りへ。
ルシアナはギャングに薬を渡し、水などの必要物資を倉庫から持ち出すが、お菓子をかっぱらっていたニックが、罰として腕を切られそうになる。
ニックは機転を利かせ、ギャングに薬が必要な理由と、自分たちしか薬を持っていないことを力説。腕の切断を逃れ、さらに多くの物資を持ち帰ることに成功した。
ニックは持ち帰ったお菓子を、今朝死んだ男の娘に渡す。
アレハンドロという集落の統治者(兼医者(元薬剤師))には咬み傷があるが、なぜかゾンビ化していない。我々は選ばれし者で生き残る!と演説する彼を、住人は神のように崇(あがめ)る。
一方、マディソン、アリシア、オフェリア、ストランドは海岸へ向かうが、アビゲイル号は無くなっていた。4名は海岸近くにあるホテルに入り、そこで物資を探すことに。
アリシアはホテルの上の階で物資を探し、シャワーを浴びていると、オフェリアがいなくなっていた。下に降りようとすると階段に大量のゾンビが。
マディソンとストランドは、下のバーでテキーラを飲みまくってピアノを弾いて騒いでいた。するとホテルにいるウォーカーが音に反応して部屋から落ち、バーに集まる。
マディソンとストランドは、カウンターの中で絶体絶命の窮地に陥っていた。

シーズン2 第10話 入らないで あらすじネタバレ

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン2第10話
トラヴィスはクリスと安全な場所を求め移動を続けていた。
トラヴィスが、見つけた車のエンジンをかけている間、クリスは雑貨屋で物資を探していると、カンズメと水があった。
クリスはそれらをカバンに詰めていると、感染者(ゾンビ)が店内に入って来た。店内にいた一人が感染者に襲われたところをクリスが助け、トラヴィスと車で走り去る。
トラヴィスとクリスが焚き火をしていると、先ほどクリスが出会ったブランドン、デレク、ジェームズという3人の男がやって来て、一緒に話しながら一夜を過ごす。
次の日、トラヴィスとクリスは3人の車に乗せてもらい走っていると、農場を発見。
クリスと3名は納屋にニワトリを見つけ、歓喜して捕まえていたが、住人らしきショットガンを持った男が入って来た。
トラヴィスは謝り、出て行くというが、3名は男に銃を向ける。ニワトリの首を折ったジェームズが足を撃たれて倒れ、それを見たクリスが銃で住人の男を撃ってしまう。
アリシアは、エレナというホテルの客室員と出会う。彼女は結婚式場で感染者が出たときに、感染をホテル内に広めないため、扉の鍵を閉めたと語る。
二人はどうにか階下へ行くが、結婚式に参加していた人物らが、エレナの甥であるヘクターを人質に取り、ホテルの鍵を渡せと脅す。
エレナは鍵を渡し、アリシアと二人で地下へ逃げた。すると奥の部屋にマディソンとストランドが。

シーズン2 第11話 パブロとジェシカ あらすじネタバレ

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン2第11話
マディソンとストランドは、体に感染者(ゾンビ)の血を塗り、バーから何とか逃げ延びていた。
マディソンはエレナから、食料は全て、生き残っている客が持っていると聞き、彼らと交渉。感染者を一掃し、協力してホテルを要塞のようにしようということで合意する。
一室ずつ回っていると、時間がかかり過ぎるため、アリシアの案で、感染者を桟橋へ誘導し、一気に荒れた海に落とすことに。
みんなで各フロアから感染者を集め、マディソンが桟橋の先へ誘導し、海に飛び込む。マディソンはアリシアらがボードで拾った。感染者は次々に海に落ちて行く。
ストランドは食事に来ない花婿のもとへ。彼を慰め、感染者となっている花嫁ジェシカにトドメを刺した。
ニックはギャングに渡す薬の量をかさ増しするため、粉ミルクを混ぜて錠剤を作り直した。ルシアナと再びギャングたちとの交渉を成功させるが、彼女の弟のパブロが、先ほど死んでいたのが発見されたらしい。
ニックは働きを認められ、アレハンドロから部屋を提供される。眠れないルシアナがニックの部屋へ来て、二人は男女の関係になった。

シーズン2 第12話 塩の柱 あらすじネタバレ

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン2第12話

ニックがいるアレハンドロがの集落から、フランシスコの家族が脱走。ギャングのマルコたちに捕まってしまう。
フランシスコはオキシという薬を持って、マルコとその日に取引することになっており、彼はオキシがないことに怒る。

アレハンドロは、住民の脱走が増えていることに悩む。
ニックたちが、フランシスコの代わりに取引に行かないと、ここが襲撃されるという提案を聞かない。アレハンドロは、この集落の場所は彼らに知られていないので、誰も外に出るなと命令する。

ニックはレイナルドという青年に話し、二人は夜ギャングとの取引のため、集落を出ることにする。

ホテルでは、花嫁ジェシカの母アイリーンが、感染者となっていたジェシカにとどめをさしたストランドを、ナイフで刺してしまう。マディソンはアイリーンを部屋で軟禁することにし、ストランドのために、エレナとギャングの元へ、必要な薬を取りに行く。

オフェリアは一人でトラックに乗り、どこかへ行ってしまったようだ。

マディソンはギャングに魚と氷を渡し、薬を手に入れるが。上の階で行われているフランシスコへの尋問から、ニックが近くの集落にいることを知り、取り乱す。

エレナはアントニオ(ヘクターの兄でエレナの甥)にギャングをやめてホテルに来てというが、彼は聞き入れない。

ギャングのマルコとアントニオは、フランシスコから集落の場所を聞き出して、すでに監視していた。

帰ったマディソンは、発電機をつけホテルのマークを光らせる。マディソンはニックが近くにいるからというが、アリシアは、周りの人やわたしのことも考えてと怒る。

夜、トラヴィスが遠くから、ホテルのマークを見つけた。

シーズン2 第13話 命日 あらすじネタバレ

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン2第13話

トラヴィスは住人に撃たれたデレクの足の傷を治療。

夜、トラヴィスはクリスに対し、住人を殺した罪悪感は無いのかと聞いたが、クリスは適応しただけと答える。

1週間たち、ブランドンたちは車でサン・ディエゴを目指すというが、仲間のジェームズはまだ脚が治っておらず、旅に出られる状態ではない。トラヴィスがかばう中、ブランドンたちは仲間のジェームズを撃ち殺した。

トラヴィスは止めるが、クリスはブランドンたちとトラックで出発してしまう。

トラヴィスは2日海へ向かって歩き、ホテルの灯りを見つける。到着するとマディソンがいた。

マディソンたちは、押し寄せる難民を渋々受け入れ、彼らを駐車場におく。しかし、難民はさらに増え、そこにはブランドンたちもいた。

シーズン2 第14話 憤怒 あらすじネタバレ

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン2第14話

ニックとレイナルドはマルコ率いるギャングのマーケットに着き、オキシ(薬)を渡す。ニックはマルコに集落を襲わないように頼むが、マルコは聞き入れず、日没までに出て行かないと、全員殺すと言った。フランシスコの家族はすでに奥で殺されていた。

ニックはルシアナに事情説明。その時、診療所で死亡した人間が感染者(ゾンビ)になり、アレハンドロや他の人間を噛んだ。

アレハンドロは噛まれた人間を、柵の向こうの感染者の元へ送る。

ニックはアレハンドロをルシアナの部屋へ連れて来て、アレハンドロに免疫は無く現在感染しており、前に彼を噛んだのは、ただの薬物中毒の青年だったと白状させる。
しかしルシアナは、それでも集落を出て行くと言わない。

オフェリアは一人、国境のフェンスを越えるが、銃を持った男性に捕まってしまう。

マディソンはホテルにやって来た難民たちの中にブランドンとデレクという若者を見つた。話を聞くとクリスが自動車の運転を失敗し、死亡したと語る。

マディソンは、こっそり二人をホテルから追放しようとしたが、トラヴィスが見つけ、彼らを問い詰める。

二人はクリスは事故で死んだと語ったが、辻褄が合わず。トラヴィスはドアの鍵をロックして、二人を暴行。ブランドンが大怪我を負ったクリスを射殺したと、白状すると、トラヴィスは憤怒。入って来たオスカーを気絶させ、ブランドンとデレクを殴りつけ、足で頭を踏みつけて殺した。

シーズン2 第15話(最終回) 北へ あらすじネタバレ

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン2最終回

怒り狂ったトラヴィスに気絶させられたオスカーは目覚めない。トラヴィスはホテルから追放されることになり、マディソンとアリシアも出て行くことにした。

オスカーは脳が腫れており、切開手術が施されるが死亡。夜、彼の兄弟は怒りのあまりトラヴィスに銃を向ける。アリシアが銃を持っている男性を突き刺し、マディソンとトラヴィスは隙をついて3名で車で逃げ出す。ストランドはマディソンに銃を渡し、ホテルに残った。

ルシアナが集落を離れようとしないので、ニックは一人みんなの元を離れるが、国境沿いにヘリコプターを見て集落に戻る。

マルコ率いるギャング集団は、アレハンドロの集落を襲いにくるが、すでに誰もいなかった。アレハンドロは隙を見て感染者を集落になだれ込ませ、マルコたちは全滅する。

マディソンはギャングのマーケットに行き、誰もいない屋内で、フランシスコの家族の死体から、集落への地図(住所)を発見。集落へ着くと、マルコやアントニオなどのギャングたちは、全員感染者と化していた。

アリシアは、一人残っていたアレハンドロを見つけ、3人はニックたちが国境に向かったことを聞き出す。

ニックはアレハンドロを説得し、アレハンドロの最後の言葉でみんなで国境を目指していた。
国境に到着しヘリコプターが飛んでいるのを見つけたが、軍人らしき人間がニックたちに銃を発砲し、ルシアナが撃たれる。

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン2END!

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン2感想!

シーズン1に比べると、格段に面白かった。

まず、みんなアビゲイル号に乗り込み、船上で色々な冒険や、コナーたちの過激集団とトラブルを解決。豪華クルーザーに乗って海上を旅をするというのが、本家のウォーキング・デッドにはない斬新な設定だったと思う!

次に、トムの屋敷では、セリアという死に対して変わった思想を持つ人物とトラブルになり、結果集団は全員バラバラに。

ニックはアレハンドロの集落へ、マディソンたちはホテル、トラヴィスとクリスは、ブランドンたちと行動するが、徐々にお互いの手がかりを見つけて行く。

などなど、盛り沢山な状況でとっても楽しめたのだ!

みんなバラバラで旅をするところが、ウォーキング・デッドのシーズン4と似ているといえば似ているが、こちらは舞台がメキシコなので、雰囲気が全然違う!

本家のウォーキング・デッドは、もうマジでみんなギリギリのギスギスした状態で、必死こいて旅をするわけだが、

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドは、優雅にメキシコの海や大地を観光している印象を、視聴者に味あわせている!というコンセプトの違いがある。

ウォーキング・デッド関連記事

ウォーキング・デッド全131話あらすじネタバレ登場人物(シーズンごと)

ウォーキング・デッドの全情報(ストーリー、キャラクター、あるあるネタ、無料視聴法、スピンオフ、原作)