モーガン登場だけどハッキリ言って駄作!フィアー・ザ・ウォーキング・デッドのシーズン4のあらすじネタバレ

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン4のアリシア

完全ネタバレありで、フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン4のあらすじ解説をします!

ダムの爆破と破壊でニック、マディソン、アリシアはどうなったのか?そして本家ウォーキング・デッドから、その男、モーガンが登場!!

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン4の登場人物

ニック

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン1

短大を中退しぷらぷらしているコカイン中毒の青年。

マディソン

アディソン

トラヴィスの妻でニックとアリシアの母。元夫は死亡。高校の進路指導員。

アリシア

アリシア

マディソンの娘でニックの妹。成績優秀で、バークレー大学への進学が決まっていた。

ストランド

交渉上手の黒人男性。ニックと一緒に軍病院のフェンスから抜け出した。口が上手く、嘘ばかり。

ルシアナ

アレハンドロの集落で暮らす女兵士。ニックの恋人。

モーガン

ニーガン率いる救世主との決着をつけた後、清掃人のアジトに住んでいたが、生きる目的を失いテキサスに向かって旅に出る。

ジョン

銃の早撃ち名人の元保安官。この世界になる前にショックな出来事があり、川岸の小屋で隠居生活を送っていたが、ローラを失って旅に出て、モーガンと再会。

アル

ジャーナリストで、この世界になってからも、いろんな人にビデオカメラで取材を続ける。 S.W.A.T.が使っていたバンに乗っている。

ジューン(ローラ、ナオミ)

あるコミュニティで娘や仲間を失った過去がある。ジョンの小屋でしばらく暮らすが、逃げ出す。

メル

ヴァルチャーズという組織のリーダー格。

チャーリー

ヴァルチャーズと一緒にいる少女。メルを慕う。

ジム

ビール造りに情熱を注いでいる男性。

サラ

元軍人の女性。ビールが大好き。

ウェンデル

子供の頃、友達を助けようとして事故に遭い、今も車椅子に乗る。サラとは双子の姉弟。

ポーラーベア(クレイトン)

トラックの配達員だった過去から、物資を各地に運んで人助けをする集団を作り上げる。

マーサ

世界が破滅したとき、瀕死の夫を誰も助けてくれず死なせてしまったことで精神的におかしくなり、人助けをするポーラーベアの集団を襲っていた女性。モーガンの考え方が間違っていると執拗に迫る。

シーズン4 第1話 何があった?あらすじネタバレ

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン4第1話

清掃人のアジトだったゴミ山で暮らすモーガンの元を、ジーザス、キャロル、リックがそれぞれ訪ね、町に帰ってくるよう促すが、モーガンは首を縦に振らない。

モーガンは、一人で西に向かって旅をすることにした。途中で孤独なガンマンのジョン・ドリーや、ジャーナリストのアルシアと出会い、3人の盗賊を倒す。

モーガンは脚を撃たれたため、仕方なくアルシアのトラックに乗っていた。

道に女性が倒れており、モーガンが近づくと、その女性は首に刃物を突きつけてきた。アリシアだった。ニックとストランドが茂みから銃を持って現れる。

シーズン4 第2話 野球場の一日 あらすじネタバレ

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン4第2話

過去の話:マディソンは野球場に、50名ほどが集まるコミュニティを作り上げ、ニック、アリシア、ストランドもそこで暮らしていた。

ニックはダム崩壊のトラウマで、野球場の外に出ることができない。作っていたカブがゾウムシ(害虫)の被害を受け、全滅。他の野菜も被害を受けていた。

ある日、チャーリーという女の子を助けたマディソン。彼女が来た方角を聞き、彼女の親がいないか探しに行った。

探索中、ナオミという女性に銃を向けられる。ナオミはタンクの中に落ち、タンクの中にはたくさんの感染者(ゾンビ)が。マディソンはその女性を助け、野球場に連れて帰った。

野球場の門の前にバスやトラックが止まり、ヴァルチャーと名乗る集団が現れた。

メルというリーダー格の男が、マディソンに俺たちに従えと話す。チャーリーは、メルの元に帰る。彼の手下だったのだ。

現在:ニックたちは、アルシアのSWATのトラックを奪い、モーガンたちを縛って乗せた。

シーズン4 第3話 静かな場所 あらすじネタバレ

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン4第3話

ニックたちは、モーガン、ジョン、アルシアを捕らえてトラックを走らせていたが、アルシアが暴れ、トラックは道下の木に突っ込んでしまった。

アルシアとジョンは、ストランドやアリシア、ルシアナと協力することにし、トラックを引き上げるための車を探しに行く。

ニックは、モーガンと二人でトラックに残っていたが、ヴァルチャーの車を見つけ、止めるモーガンと取っ組み合いになる。トラックの警報が鳴ってしまうが、ニックはそのままヴァルチャーの車を追いかける。

ニックは途中、マディソンとの思い出のブルーボネットの花を見つけるが、感染者(ゾンビ)に襲われ、モーガンに助けられる。

ニックとモーガンは歩いていると、ヴァルチャーの仲間を発見。モーガンが止めるのを聞かず、ニックは彼を殺害。

アルシアやルシアナは、牽引車を見つける。アリシアが警報で群がっていた感染者(ゾンビ)を押しのけどうにかトラックを引き上げた。

アリシアたちは、ニックとモーガンがいる場所に到着する。ニックはモーガンから”心の平穏”という本を借り、読んでいた。すると一発の銃声が。ニックはチャーリーに銃で胸を撃たれてしまう。

アリシアやルシアナ、ストランドに見守られる中、ニックは死亡。

シーズン4 第4話 埋葬 あらすじネタバレ

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン4第4話

アル(アルシア)は、ストランドやアリシア、ルシアナに何があったのか、カメラを回しながら聞く。

過去の話:野球場でヴァルチャーズに囲まれ、食料が尽きかけていたマディソンたちは、物資調達をする。

ストランドやナオミは逃げようかと考えたが、野球場に戻った。

ルシアナはニックと他の場所への移動を検討したが、畑のために健康な土を運ベば食料は何とかなると考え、野球場を守ることにした。

ナオミは野球場に診療所を作ることにした。

現在の話:ストランドたちは、野球場に残るべきではなかったと語る。

アリシアたちは、ある場所でトラックを止め、埋めてあった武器などを回収。その中にジョンの恋人のローラの銃があったことから、ナオミ=ローラだったことがわかる。

ニックを埋葬した一同。モーガンはブルーボネットの花を添えた。

アリシアは、ローラが野球場で死んだと語り、ジョンは失望。トラックに乗らず、心配したモーガンは彼のそばに残った。

シーズン4 第5話 ローラ あらすじネタバレ

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン4第5話

ジョンの回想

川沿いの木の家で暮らすジョンの元に、一人の女性が流れ着いた。
彼女は名前を名乗らなかったので、ジョンはローラと呼んだ。

ローラはジョンになかなか心を開かず、すぐ出て行くと言ったが、脇腹の傷をジョンに縫ってもらい、釣りなどを教わりながら、映画を見て過ごす日々が続く。

ローラは子供を失ったとジョンに話す。ジョンは、自分が銃を撃たない理由を、強盗の足を撃つつもりが、殺してしまったからだと語る。

川から大量の感染者(ゾンビ)が流れ着き、ジョンの家へ。ジョンとローラは斧で感染者(ゾンビ)を倒していくが、ローラが溝にハマりピンチ。ジョンは正確な早撃ちをみせ、ローラを救った。

ジョンはローラに愛してると告白し、彼女もその想いに応える。

翌日、ローラは去っていた。

シーズン4 第6話 万が一のために あらすじネタバレ

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン4第6話

アルのトラックでアリシアたちの回想

ナオミ(ローラ)は野球場で物資調達で傷ついたアリシアなどの手当てをしていたが、一人で車で出かけようとする。ストランドが問い詰めると、自分が前に居た政府の避難所に物資調達に行くと言う。

マディソン、ストランド、ナオミは3名で物資調達に行くが、モーテルで寝ているときにナオミが抜け出した。

マディソンとストランドは別の車で政府の避難所に行くと、ナオミは屋内で感染者(ゾンビ)に囲まれていた。ストランドは彼女を助ける。

ナオミは自分の娘が病気で、自分が抗生物質を手に入れている間に死んで感染者(ゾンビ)になり、施設の仲間を襲ってしまったと過去を語る。

現在

ジョンとモーガンはヴァルチャーズのメンバーを見つけ、尋問。
集合予定の場所に集まると、アリシアたちに攻撃されるから行くなと、争いをさせないためのアドバイスする。

ジョンとモーガンが、アリシアたちが待ち構える集合場所に来ると、結局ヴァルチャーズもやってきた。

両グループはお互い銃を向け合っていると、そこへヴァルチャーズの一味らしき女性が。

ナオミだった、ジョンはナオミの元へ寄っていくが、ナオミを見て怒り狂ったアリシアがジョンを撃ってしまう。

シーズン4 第7話 間違った認識 あらすじネタバレ

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン4第7話

過去の話

野球場にチャーリーが助けを求めてやってくる。

ヴァルチャーズのメルとエニスが喧嘩をし、そのあとメルが交通事故に遭っていたのだ。マディソンはメルを助け、ナオミが処置をする。

メルはマディソンに、エニスが大量の感染者(ゾンビ)を引き連れてやってくるから逃げろと言う。メルはナオミにも、ここは安全じゃないと話した。

マディソンは、メルが住民が野球場から逃げるよう陽動してしまうと考え、彼に車を渡して追放する。

チャーリーはメルを心配し無線で連絡するが、途中で交信が途絶え、ニックとアリシアに助けを求めた。

ニックとアリシアは野球場から車で出て、メルを助けに行くが、エニスたちのトラックが横を通り過ぎていく。

エニスの部下が、野球場のゲート前でオイルを撒き火を付ける。何百体もの感染者(ゾンビ)をトラックから解き放った。

マディソンはゲート外にいるニックとアリシアを助けるため、門の開場を指示。

現在

アリシアたちは、ヴァルチャーズをほぼ全滅させる。アリシアは爆発したトラックから出てきて、もがいているメルにトドメを刺した。

アリシアに撃たれたジョンを助けるため、モーガンとナオミはアルを説得し、トラックで医療品のある野球場へ向う。

アルは野球場へ突っ込んだが、球場内は焼け焦げた無数の感染者(ゾンビ)で溢れていた。

シーズン4 第8話 生きていればそれでいい あらすじネタバレ

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン4第8話

過去

アリシアはダムの崩壊後、ニック、アリシア、ルシアナ、ストランドを見つけた。ある女性にあって助けられたと話し。その女性から貰った韓国製カップラーメンをみんなに配る。野球場を見つけ、ここにコミュニティを築くと決意。

現在

アルは装甲トラックで死人の中の野球場を進む。モーガンとナオミは診療所があった場所へジョンの手当のための物資を探しに行く。

しかし、アリシアたちも野球場にたどり着き、装甲車の中のアルを襲う。アリシアは車内で韓国製のカップラーメンを見つけ、さらに”アミナ”と書かれたビデオテープを発見。

アリシアは、アルにどこでこれを撮ったか詰め寄る。観てみると野球場に着く前に、アリシアたちを探していたマディソンが映っていた。ニックやアリシアが小さい頃、鳥のアミナを助けた心を忘れないようにさせたいと語る。

アリシアは外に出てナオミを撃とうとするが、モーガンが、まだマディソンが望んでいた君に戻れると説得。

ナオミはジョンを治療し、本名はジューンだと話した。

アルがテープを回すなか、アリシアたちはマディソンの最期を語る。

野球場から住民が外へ出るが、逃げ出せず感染者(ゾンビ)に襲われて死んでいく。マディソンはアリシアやニックを守るため、発煙筒で感染者(ゾンビ)を集め、野球場へ誘導して門を閉める。

自ら犠牲となり、最期は芝生に火をつけた。

シーズン4 第9話 繰り返すだけ あらすじネタバレ

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン4第9話

モーガンはアレクサンドリアに帰ることを決意。明朝、アルに車で送ってもらうことにする。

ジューンはジョンの治療をしながら、一言も喋らないチャーリーと3名でバスの中で暮らしていた。モーガンはジョンにアレクサンドリアに行かないかと誘うが、ジョンは自分が住んでいた小屋に戻ると話す。

ジューンはアルと感染者(ゾンビ)が川に流れてくる原因を確かめるため、上流へ向かった。

ストランドは大きな屋敷を見つけており、そこでワイン三昧の堕落した生活を続けていた。ルシアナはその屋敷でレコードをひたすら聞いて茫然自失としている。

モーガンはアリシアを見つける。アリシアは感染者(ゾンビ)に貼り付けられた紙に「HELP」と書かれているのをいくつか見つけ、生存者を助けるために探索へ向かう。モーガンもついて行く。

メッセージの送り主らしき人物を見つけるが、すでに死んで感染者(ゾンビ)となっており、ショックを受けるアリシア。

チャーリーがバスからいなくなり、ジョンはストランドと一緒に彼女を探す。

嵐が迫ってきた。チャーリーはルシアナがいる屋敷へニックから貰った本を届けにきたが、すぐに去ってしまう。

シーズン4 第10話 目を閉じて あらすじネタバレ

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン4第10話

アリシアは嵐の中、モーガンから離れ、ある家に避難。そこにはチャーリーも隠れていた。

チャーリーを散々罵ったアリシア。しかし、チャーリーがベランダの感染者(ゾンビ)に近づいて行くのを止め、二人は徐々に打ち解けていく。

家の窓が暴風で割れ、地下室に避難する二人だが、入り口が崩れ、浸水しかけている地下室に閉じ込められてしまう。

チャーリーは死んで感染者(ゾンビ)になるのは嫌だから、銃で殺してと頼むが、アリシアには出来なかった。

地下室から地上へ続く扉に、ベランダにいた感染者が落下。扉が壊れ、二人は脱出に成功。

嵐の後、ストランドとルシアナがいるはずの屋敷に戻るが、誰もいない。

ジョンとジューンがいるはずのバスも横転しており、誰もいなかった。

シーズン4 第11話 合言葉 あらすじネタバレ

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン4第11話

モーガンはハリケーンの最中、物資がたくさん積まれているトラックを見つけ、荷台に逃げ込む。朝起きて見るとそこはテキサスでなく、ミシシッピ州だった。

トラック近くの店には物資がたくさんあり、水道も電気もある。無線の女性と話すと、必要な物を持って行っていいということだった。

モーガンがトイレに入っていると、車椅子に乗ったウェンデルという男性が銃を向けてきた。ウェンデルの双子の兄妹であるサラという女性も登場。彼らはトラックを使い、物資を各地の道端などに置いて回っているという。

モーガンは車と物資を譲り受け、ジョンやアリシアを探しにテキサスへ向かうが、自分が彼らにしていることが無駄なのかという思いにとらわれ、そのままヴァージニア州のアレクサンドリアへ向かうことに。

無線でサラに連絡し、ヴァージニア州まで乗っけてもらうよう頼む。サラたちに会う前、ジムというビール造りに情熱を注いでいる男性が、何故か縛られて感染者(ゾンビ)に襲われているところに出くわし、助ける。

モーガンはジムとサラたちの元へ向かうが、ジムからビールを盗んで縛ったのがサラとウェンデルであるとわかり、二人は捕縛されてしまう。トラックもサラとウェンデルがテキサスで盗んだものだった。

モーガンはウェンデルに、アレクサンドリアの場所を教えろと言われる。ジムに押されアクシデント的に川岸に転げ落ちたモーガンは、感染者(ゾンビ)に囲まれて廃車の上に上がる。サラはモーガンにアレクサンドリアの場所を教えたら助けてやるという。モーガンは嘘の場所を教えるが、結局彼らはモーガンを助けてくれなかった。

モーガンは自力でなんとか感染者に囲まれた車の上から脱出。やはりジョンたちを探そうとテキサスへ歩いて向かっていると、サラとウェンデルがモーガンの話したルートが嘘であるとわかり、トラックの前に立っていた。

モーガンは彼らに人助けの大切さを説き、ジョンたちをトラックで拾ってからヴァージニア州へ行こうと話す。

サラたちはモーガンの提案をのみ、物資を道端に置きながらテキサスへ向かう。

モーガンはトラックの無線で持ち主にコンタクトを取ろうと試みるが誰も出ない。しかし、大柄な黒人女性が無線を聞いており、テキサスへ向かおうとしていた。

シーズン4 第12話 弱さ あらすじネタバレ

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン4第12話

モーガンはウェンデル、サラ、ジムとテキサスに戻りながら、無線で交信を続ける。無線が通じやすい場所を探すためトラックを降りて歩いていると、大柄な黒人女性がトラックの持ち主が道に置いていった物資の前に座っていた。モーガンは持って行って大丈夫と言いその場を去るが、彼女はペットボトルの水に汚い水を混ぜていた。

アルのバン(車)は燃料切れ。ジューンとアルは無線が使える場所を探すため、他の車を見つけ走っていると、アルのバン(車)で何者かが走り去る。

アルは病気になり高熱を発症し動けないので、ジューンにバンを取り戻し、抗生物質を取るようにお願い。

ジューンはバンに追いつくが、クインという男に銃を向けられる。ジューンはクインの銃を奪い、逆に脅す。しかし、アルのバンには薬はなかった。アルは取材したテープが大事でバンを取り戻してと言ったのだ。

ジューンはクインを解放し、近くのバスで抗生物質を見つけ、アルのところに戻る。

ジューンは嘘をついていたアルに怒るが、彼女の情熱を聞き和解。モーガンから無線が聞こえ、その地点へ車で向かい合流に成功。

ジューンはクインがまだバンの近くにいると思い、無線で話しかける。クインは応答し、ジューンたちがいる地点へ向かうと言うが、標識に細工がしてあり、途中でバンを降りてしまう。

クインは感染者(ゾンビ)に襲われて死亡。大柄な黒人女性はクインの顔にメッセージを書き、アルのバンに乗り込んだ。

シーズン4 第13話 ブラックジャック あらすじネタバレ

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン4第13話写真

モーガンは無線で、クインを殺した黒人女性と話す。彼女は人助けは人を弱くするから止めろと言ってきた。

ルシアナは、車の中で傷を負って瀕死の男性と出会う。彼の最後のビールを飲みたいという願いを叶えるため探していると、(モーガンたちが置いて行った)箱を発見。中からジムが作った瓶ビールを見つけ、車の男性に飲ませる。

車の男性は、こんな世界になった時、大切な人と離れていて助けられなかったことを悔やみ、トラックで物資を各地に置くという、人助けをしていたと語る。(モーガンたちが乗っているトラックの持ち主)。彼はルシアナに看取られながら死亡。ルシアナは、彼から物資の場所が記されたノートを託される。

ルシアナが道端の段ボール箱に書いてあった無線チャンネルに連絡すると、モーガンが出た。ルシアナはモーガンのトラックに拾われる。

一方、ジョンとストランドは、嵐の影響で川の中州に取り残されていた。
ジョンはイカダを作って川を渡ろうとするが、うまくいかない。それどころか大きなワニが寄ってきた。
ジョンは廃車から再びボートを作り上げ、危険を冒したくないというストランドを説得。車のクラクション音で感染者(ゾンビ)をおびき寄せ、ワニがそれを襲っている最中に川を渡ろうとする。

しかし、クラクションは途中で止み、ワニがジョンたちのボートに突撃してきた。ジョンは銃で向こう岸のウォーカーをおびき寄せ、ワニがそれを襲っている間に元の岸に泳いで戻った。

アリシアとチャーリーは、無線でモーガンと連絡をとる。しかし、モーガンに人助けをするなと言っていた女性の声が聞こえた。アルのバンが後ろに見え、サラはトラックを飛ばすが追いつかれる。

マシンガンの音がアリシアの無線に鳴り響く。

シーズン4 第14話 距離標54 あらすじネタバレ

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン4第14話

マーサの過去:モーガンたちを挑発し、人助をやめさせようとする、大柄な黒人女性の名前はマーサといった。

マーサはこの世界になり、夫が事故で重傷を負っていても、誰も助けてくれなかった経験から、頭がおかしくなり、物資を道端におく活動をしていた、ポーラーベア(クレイトン)のメンバーを次々に殺していた。

現在:マーサは、アルのバンのマシンガンでモーガンたちがいるトラックを攻撃。
モーガンたちは下に伏せたので、軽傷で済む。

ウェンデルはバンから出てきたマーサをショットガンで撃つが、トラックが燃えて物資やビール酵母がダメになるのを確認したマーサは、バンで去る。

爆発音で感染者(ゾンビ)たちが沢山現れ、モーガンたちは近くの病院へ避難。
ジューンが病院で傷をおった者たちの処置をしたが、病院も感染者(ゾンビ)に囲まれ、モーガンたちは何とか屋上へ出る。
しかし、発電機を操作し、エレベーターを動かしたアルはまだ館内。そしてジムは感染者(ゾンビ)に噛まれていた。

モーガンは自信を失いかけ、ここから逃げられないと口に出す。

アリシアは、モーガンたちの爆発したトラックを見て、彼らを助けるより、チャーリーをガルベストンのビーチへ連れて行ってあげようと考える。

しかし、チャーリーはモーガンたちを助けたいと言う。アリシアたちは道を進んでいると、洪水でできた川が現れ、対岸にジョンたちがいる形跡を発見。

シーズン4 第15話 仲間を失い あらすじネタバレ

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン4第15話

アルは貨物用エレベーターで逃げたようで、すでに病院内に姿はなかった。

モーガンは、ジューンたちを病院の屋上から逃がすため、自分は屋上に残り、感染者(ゾンビ)の死体を投げて車の警報機を鳴らし、病院を囲む大量の感染者を引きつけた。

アリシアは、ジョンたちを助けるため、カヌーを探していると、突然マーサに発砲される。
しかし、マーサはウェンデルから受けた銃槍のせいで、立っていられず倒れ、アリシアは彼女を縛ってアルの軍用バンにのせる。

軍用バンで川を渡り、ジョンとストランドを助けたアリシアは、無線を聞いてモーガンがいる病院へ向かう。屋上にいるモーガンを助けるために、高所作業用のトラックを見つけた一同は、屋上に作業台を伸ばすが、届かない。モーガンは壁をつたって下の階に行き、そこからジャンプして作業台に着地。

モーガンは降りることができたが、高所作業用トラックが感染者(ゾンビ)に囲まれ、全員逃げ出せない状態になる。
屋上に残っていたジムがサラに最高のビールの作り方を教え、自ら飛び降りて車の警報機を鳴らし、みんなを助けた(ジムは死亡)。

みんなは、これからジムのレシピで作るビールの名前を考えながら、軍用バンで走りアルを探す。

バンから逃げていたマーサは、感染者(ゾンビ)となったジムに、ビールのレシピを落書きする。

シーズン4 第16話 自分を失う あらすじネタバレ

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン4第16話

アルは病院の地下に逃れ、みんなに無線で場所を伝える。地下駐車場には撮影用の車があり、ビデオカメラを手に入れた。しかし、病院に隠れていたマーサに殴られる。

アルが目覚めると、自分の軍用バンの中にいる。ジョンが見つけたのだが、ビデオカメラにはマーサからモーガンに向けた「強くなれる」というメッセージが残されていた。

ジョンたちは、バンでミシシッピのポーラーベアのストアへ向かうが、モーガンはマーサを救うため戻った。

モーガンは、野原でうつ伏せで倒れているマーサを発見。車に連れてミシシッピのみんなのところへ戻ろうとする。
ストアにいるジューンから無線が入り、飲み水が開封されており、みんなそれを飲んで具合が悪化していると話す。その時、マーサが運転の邪魔をし、モーガンの車は岩にぶつかる。起きてみると右足に鉄が刺さっていた。マーサはみんなが飲んだのは”不凍液”だと笑う。

マーサを車にあった手錠でハンドルに繋ぎ、モーガンは自分の脚に刺さっている鉄の破片を抜いた。みんながいるストアへ向かう。途中、モーガンの無線がストアに届く距離になり、ペットボトルに入っていたのは不凍液だとアルに伝えた。

ジューンは不凍液ならエタノールで何とかなると言い、みんなで協力して外のトラックのエタノールを回収しようとするが、ストランドとルシアなを襲う感染者(ゾンビ)の大群を倒すため、アルが軍用バンのマシンガンを使い、エタノールが入っていたタンクまで破壊してしまう。

モーガンは何とかミシシッピのストアについた。モーガンは途中でビールが積まれているトラックを見つけており、みんなはビールのアルコールで何とか不凍液を解毒し助かる。

モーガンはマーサのところに戻ってみると、彼女はすでに死んで感染者(ゾンビ)になり、手錠で繋がれた腕を引き千切って歩いていた。モーガンは彼女にトドメを刺し、墓を作る。

アレクサンドリアに帰らず人助けを続けることを決めたモーガンは、日誌から物資の配達を始めたポーラベア(クレイトン)が拠点としていたデニム工場を見つける。
そこにコミュニティを作りながら、アルが今まで取材した人々を迎え入れコミュニティを作ることを決める。みんなも賛同。

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン4 END!

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン4感想!

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドのシーズン4は割と不満が大きいシーズンだった。

まず、第一に、シーズン3でダムが崩壊した後のことがほとんど描かれていないのが不満。

シーズン3でトロイを殺してニックの不信感を買ったマディソンが、いきなり野球場のコミュニティを作りあげており、ニックやアリシアやストランドに慕われている。違和感しかない。

ダムが崩壊してみんながどうやって再会するのかを描いて欲しかったし、マディソンに対するニックやアリシアの負の感情が有耶無耶にされたという印象を受ける。

そして、モーガンがいきなり主人公っぽくなるのも違和感。

今までアリシアやストランドが頑張ってきたのがフィアー・ザ・ウォーキング・デッドなのだから、モーガンに主人公が移行するとしても、このシーズンでの変更は急すぎて、今までマディソンやニックが頑張ってきた系譜が失われたように感じる。

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドはシーズン2は面白く、シーズン3もまだ楽しく観れたが、正直このシーズン4にはガッカリ。

ウォーキング・デッド関連記事

ウォーキング・デッド全131話あらすじネタバレ登場人物(シーズンごと)

ウォーキング・デッドの全情報(ストーリー、キャラクター、あるあるネタ、無料視聴法、スピンオフ、原作)