セブン(SEVEN)は完璧なオチとキャスト!?91点Sランク名作!別エンディングがある?オープニングや楽曲まで最高!

セブンのブラピとモーガンフリーマン

何を隠そうこの『セブン(SEVEN)』は、僕のサスペンス”原体験”映画であります!

最初観たときはまだ小学生でしたが、その時の衝撃が今でも忘れられません!!

凄惨な内容にプラスして、究極の事件解決。子供ながら「サスペンス映画ってスゲぇ」と変な爽快感と感動を覚えました!そんなセブンの魅力を語り尽くします!

まだセブンを観てない!って人は、簡単なあらすじや映画の見どころなどネタバレがない目次の0がつく項目だけ

この映画を深く考察したい・思い出したい・ネタバレOK!の人は1項目(ネタバレ有り)まで読んで、この素晴らしい映画を味わい尽くしましょう!

著者:コータ(映画は時間のムダ使い)

小学2年から映画を字幕で観ることにこだわりを持つ。

デモリションマンでアクションに目覚め、酔拳でカンフーの真似を覚え、セブンで諸行無常を知る。

中学生の折、シックス・センスを友達にネタバレされた悲しい過去を背負う。

映画評論の傍ら、楽曲制作や出演に携わる。

セブン(映画)のキャストや製作陣

セブンの制作陣や基本情報を押さえておきましょう!

監督

 

主要キャスト

 

公開年

製作国

興行収入(円)

 

受賞歴

賞のトロフィー

デヴィッド・フィンチャー モーガン・フリーマン
ブラッド・ピット
グウィネス・パルトロー
1995年

アメリカ

360億円 アカデミー編集賞ノミネート
脚本

脚本

美術

美術担当

音楽

音楽

主題歌

 

アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー ハワード・ショア オープニング「クローサー」ナイン・インチ・ネイルズ
「ハーツ・フィルシー・レッスン」
デヴィッド・ボウイ

モーガン・フリーマン、ブラッド・ピット、プラス犯人役の3名は近年稀に観る完璧なキャスト!

この3名については、代役はありえない!と言い切ってよいでしょう!

セブン(映画)のあらすじと予告動画

無情な犯罪が横行する街。退職まであと7日のベテラン刑事サマセット(モーガン・フリーマン)の元に、若く経験も浅いミルズ(ブラッド・ピット)が赴任してきた。

それから間も無く、山盛りのスパゲッティに顔を突っ込んで、巨漢の男が死んでいるという事件が起こり、手足を縛られている事から他殺と判明。サマセットは現場でスーパーのレシートを見つけ、買い物までしてスパゲッティを食わせた犯人に異常性を感じた。

次の事件被害者は敏腕弁護士で、現場である事務所の床には”血でGREED(強欲)”と書いてあった。そして山盛りスパゲッティの現場でも冷蔵庫裏に”GLUTTONY(暴食)”という文字を発見。キリスト教の7つの大罪をあらわしていると悟ったサマセットは、これは始まりにすぎず、まだ殺人事件が起こると予見。

セブンの見どころと特徴

オープニングが最高にクール!

インダストリアルロックに合わせ手書きのキャスト名が次々に表示されるオープニングは、今観ても斬新でカッコいいです!こんなミュージックビデオ作りたい!!厨二心をくすぐります!

フィンチャー流美学炸裂!映像&音響!

ミルズやサマセットが持つ照明の直線的な光や絵的な事件現場など、灰色や霞んだ暗緑に統一された映像美は必見!構図も最高!フィンチャー流美学が炸裂してます!加えて劇中で使われる音響もシーンのドキドキ感とベストマッチ!こだわり抜かれた作品です。

衝撃のラストは歴代No.1

ラストの衝撃でいえば、ゼブンは歴代No.1かも知れません。記事の前半ではネタバレを避けるために詳細は避けますが、心に強烈な跡を残す劇的な幕引きになっています。攻撃力&暴力性MAX!これでもかというくらいの刺激が味わえます!

セブン(映画)の特徴

ストーリーのアイデアが素晴らしい!脚本家のアンドリュー・ケヴィン・ウォーカーはこの物語に数年かけたそうで、それを売り込んだところからすべてが始まっています。

初心者から映画好きまで誰でも楽しめますが、一部グロい表現などがあるので覚悟して下さいw

セブン91点Sランク評価の理由

映画の各要素(10点満点中)

ストーリー キャスト(ハマり役) テンポ 演技・シーン
10 10 7 10
セリフ 映像の見やすさ(構図) 音楽・音響 印象度(記憶に残る)
8 9 9 10

序盤・中盤・ラスト(5点満点)

序盤 中盤 ラスト・結末 話の筋が通っているか?
4 4 5 5

セブンは何点!?観るべき映画?

各要素と、序盤・中盤・ラストの合計を100点満点とし計算しています。

セブンの点数は。。。

合計92点 Sランク!

僕が監修したサスペンス映画ランキングで堂々4位!!

超オススメ!!まだ観ていない人は、仕事をサボってでもすぐに見るべきです(笑)!最高にクールな1日になるでしょう!

残酷な描写や、グロい表現も多いですが、そういったシーンが苦手な人も、目を覆いながらでも観ましょう!
サスペンス映画の大傑作です!

※以後ネタバレになりますので、まだ映画を観てない人は絶対に次の項目には行かないでください!

あらすじ結末ネタバレあり

殺害されたグールド弁護士の事務所に置かれいた”夫人の写真”の目の部分が血塗られていた事から、サマセットは夫人に事件現場の写真を見せれば何らかの手掛かりが得られるのでは無いかと推理。

セブン(映画)のクルード事務所の写真

そして、夫人は部屋の絵が逆になっている事を指摘。サマセットとミルズはグールドの事務所に掛かっている絵を外すと、『HELP ME』と指で書いた痕跡が現れる。その指紋から、警察は犯人はヴィクターという前科者だと断定。S.W.A.T.部隊を出動させ、ヴィクターの自宅へ乗り込む。しかしそこで見たものは、1年間ベッドで寝かされ、左手まで切り落とされている廃人ヴィクター(壁の文字はSLOTH(怠惰)であった。

ミルズの妻トレイシー(グウィネス・パルトロー)はサマセットの温かな人柄に信頼を寄せ、妊娠しているがこの街で産んで育てていけるか心配だとミルズに内緒で相談する。サマセットは「私も過去同じように悩み、結局恋人に産ませなかった。判断は今でも正しかったと思っているが、違う決断をしていたらと毎日考える」と告白。

手掛かりがつかめないサマセットは、犯行現場に残された文章から、犯人が読んでいる本を推測。知り合いのFBI捜査官を通じ、それらの本を図書館で全て借りている人物を特定する。名前はジョン・ドゥ。
二人はジョン・ドゥの部屋の前で、踏み込むかどうするか躊躇していると、買い物から帰ってきた彼とバッタリ出くわし銃撃戦に。逃亡するジョン・ドゥをミルズが懸命に追いかけるが、逆に路地裏で追い詰められ、額に銃口を当てられる。しかし何故か、ジョンはミルズを撃たずに逃走。

ジョンの部屋を調べると、一連の殺人現場の写真や、被害者の体の一部など、証拠が多数あり犯人だと判明。

犯人ジョンの部屋の写真

部屋にはミルズとサマセットの写真まであり、ジョンが取材記者に扮し殺人現場まで来ていたこともわかる。部屋の調査中ジョン自身から電話があり、「あんたらのせいで計画を変更することになった」と告げられる。

ほどなく、4番目LUST(肉欲)の罪による娼婦殺害が起こる。ある男性を脅し、ナイフを性器に見立てたものを装着させ、娼婦との性行為を強要するという凄惨なものであった。

5番目PRIDE(高慢)はベッドに横たわるモデルの死体であった。モデルは刃物で顔を切り裂かれ、鼻も削ぎ落とされており、病院や警察に電話し生き延びるか自ら睡眠薬を飲むか選択させられ、後者を選んだものだった。

セブン、プライドの犠牲者

サマセットはミルズとバーで酒を飲んでいたが、ミルズから「社会に期待しても報われることはないと思い込んで引退するんだろ」といわれ、忘れていた闘志に火が灯る。

日中、ミルズとサマセットがパトカーから警察署に戻る際に、タクシーから降りてきた血まみれの男が館内に入り「ディテクティーブ(刑事)!!」と叫ぶ。周囲は騒然、それは他ならぬ犯人=ジョン・ドゥ(ケヴィン・スペイシー)であった。

セブンのジョン・ドゥ

ジョンは警察に自首した格好になったが、すぐ弁護士を呼び「あと2人の死体を遺棄している場所までミルズとサマセットを案内したい。断れば2人の遺体はずっと見つからないだろう」と取引を仕掛ける。ミルズは取引など嘘だと拒んでいたが、ジョンの服から娼婦とモデル以外の血液が見つかった為、応じざるをえなくなった。

サマセット、ミルズの2人はジョンの案内で、郊外の荒野まで車を走らせる。ミルズやサマセットの質問に対しジョンは「俺は選ばれしものであり、あんたも歴史に名を残すよ」という発言をした。

パトカー内のジョン・ドゥ

高圧鉄塔が建ち並ぶ場所で降り荒野に歩き出すと、配達のバンがこちらにくるのが見えた。サマセットは道から逸れた空き地でミルズにジョンの番を指示し、バンの方へ向かう。運転手は”箱”をサマセットに渡し、「これを運ぶのに500ドルも貰った」と言った。上空から監視するヘリ部隊が、爆弾ではないかと疑う最中、サマセットはナイフで箱を開け、中身にたじろいだ。

箱の中身にたじろぐサマセット

ミルズはサマセットの様子を伺っているが、距離が遠く箱の中身まで確認できない。ジョンは「中身はお前の妻トレーシーの生首で、お前達夫婦に嫉妬(ENVY)している俺も罪人だ」とミルズに告げる。ミルズはジョンに銃口を向け、サマセットの表情を確認する。

ジョンに銃口を向けるミルズ

ミルズたちに近づいてくるサマセットは動揺を隠しきれないまま、「撃ったらこいつ(ジョン)の勝ちだぞ!」と必死にミルズを止めようとする。しかし、度重なる挑発に耐えきれず、ミルズはジョンを射殺。WRATH(憤怒)はミルズ自身であった。

連行されるミルズを横目に、サマセットは「何とかやっていくよ」とぼやく。

セブンの大好きなシーンを解説!

ディテクティーブ!!!(ジョン・ドゥ登場シーン)

ジョン・ドゥが警察署に入り込み「Detective!Detective!!!!!」(Detectiveは刑事の意味)と叫んで、気づかないミルズとサマセットを呼び止める場面があるのですが、階段下にいる服と手が血まみれのジョン・ドゥを見つけるシーンが最高にクールです!敢えて階段を使って高さを出したところも素晴らしい!

泣きながらジョンに銃口を向けるミルズ

怒りと失望で自分がコントロールできない。ブラッド・ピットの荒々しく感情的な演技が最高です!

犯人役のケヴィンスペイシーに銃口を向けるブラピ

セブンの7つの大罪と犠牲者(グロい。。)

ジョン・ドゥはキリスト教の7つの大罪をテーマに、猟奇殺人の範疇も超えている嗚咽モノの犯行を繰り返します。セブンという映画をよりよく理解するために、7つのそれぞれの罪と被害者、被害状況をまとめてみました!

GLUTTONY(暴食)=超肥満の男性

スパゲッティを喰わされ過ぎて死亡。銃で脅され、トイレはその場、ゲロも大きなバケツに吐きながら食わせ続けられるという地獄!ジョン・ドゥはそれを見ながらせっせと買い物してスパゲッティを作ってた訳だからやはり狂っている!食わせなが暴行も加られ、被害者は内臓破裂で死亡。

GREED(強欲)=グールド(弁護士)

キッカリ3ポンドになるように自分の肉を切り落とさせられる。出血多量で死亡。ジョン・ドゥ、サディストにも程があります。

SLOTH(怠惰)=ヴィクター

1年間ずっとベッドで寝かされ続け、死亡寸前。左手を切断し、舌を切り、食事を与え、苦しみを与え、部屋の掃除や糞便の片付け、果ては家賃の支払いまでジョン・ドゥがやっていたのだから、、、いくら目的達成のためとはいえ、驚きの執念ですね

LUST(肉欲)=娼婦

先にナイフの付いた性行道具を使われ死亡(使ったのは銃で脅された男性)!この殺人現場は絶対に想像したくありません。ジョン・ドゥに脅されて行為を強制された男性も完全に精神崩壊コースですね。

PRIDE(高慢)=モデル

鼻など、顔の肉を削り取られ、醜いまま生きるか自分で死ぬか選べ→睡眠薬で死亡。ジョンはモデルに邪険に扱われた過去でもあるのでしょうか?

ENVY(嫉妬)=ジョン・ドゥ(犯人)

ミルズに銃で撃たれる。ミルズとトレーシーの生活に嫉妬した罪。

WRATH(憤怒)=ミルズ刑事

ミルズはジョンを撃った事で業を背負わされるが、実際に死んでいるのはトレーシー(頭部切断)。

改めてまとめてみると、ジョン・ドゥの行為が恐ろし過ぎます!しかし、ここまでやったから映画としての完成度が高まったのでしょう。

セブン(映画)のツッコミたい部分

ジョン・ドゥは図書館通い?

ジョン・ドゥは図書館の貸し出し履歴からサマセットとミルズに家を特定されますが、殺人鬼も図書館を利用するんですね。貸し出し履歴にしても、大きな街ならジョンと借りた本が被っている人も何名かいそうですが、、もし彼が”本を買う派”だったらことの顛末は変わっていたでしょう(笑)

ケヴィン・スペイシーはこの役でも脚が悪い

ケヴィン・スペイシーが演じるジョン・ドゥは脚が悪いという設定です。そしてケヴィンは同じ1995年に公開されたユージュアル・サスペクツでも脚が悪いヴァーバル・キント役を演じています。まさか同じ年に脚が悪い役を2つ演じて、2つともヒットするとは!

セブンのトリビア

サマセット役はアル・パチーノの予定だった?

サマセット役にはアルパチーノも検討されていたようですが、予定が合わずモーガン・フリーマンになったそうです。アルパチーノのサマセット役も観てみたい気持ちもありますが、荒ぶる演技がブラピと被って主張しすぎる気がするので、モーガン・フリーマンで正解だったと思います。

ジョン・ドゥは名無しの権兵衛という意味!

ジョン・ドゥは名前が無い人を指すときに使うもので、日本語で言うところの”名無しの権兵衛”になります。

ジョン・ドゥはメガネだった

ジョン・ドゥは構想段階ではメガネを掛けてました。メガネを掛けたサイコキラーはステレオタイプ過ぎですよね。ケヴィン・スペイシーのハゲててメガネを掛けていないジョン・ドゥが最強だと思います。

ジョン・ドゥは史上最高の悪役!?

劇中で言えば、後半にしか姿を現さないジョン・ドゥですが、僕は映画史上でも最高の悪役(ヴィラン)だと思います。ヒース・レジャーのジョーカーもジョン・ドゥには敵わないでしょう(映画のジャンルちがいますがw)。

ジョン・ドゥがやった事が恐ろしすぎる

7つの大罪を実践します。先に書いたように、残虐極まり無い上に、タダで殺さず苦しむだけ苦しませるという最悪の方法をとっています。しかもこいつ、主人公の奥さんを殺して生首を主人公にプレゼント♪とか完全にタガが外れてやがる!!

ケヴィン・スペイシーの怪演

警察署館内に入ってきて、血まみれなのに叫ぶまで誰にも気づかれないジョン・ドゥの奇妙な存在感はケヴィン・スペイシーならではだと思います。

ジョン・ドゥの目的は!?

ジョン・ドゥの目的は本編でもしっかり語られないのですが、それで終わらせるのはつまらないですよね。彼の真の目的は何なのか!?ちょっと考えてみます。

ジョン・ドゥの発言を挙げてみると、「これからはみんなに従わせる」「歴史に残る」というものである。というものがあるので、アメリカ社会で失望した反動で神格化されようとしたのでしょう。

普通ならこういう反社会的な人はすぐに逮捕されて終わりそうですが、ジョン・ドゥの場合は目的達成に必要な知力や実行力、忍耐力を持ち合わせていたので、世紀の悲劇が起きたのですね。

セブンはオープニングや楽曲も最高にクール!

オープニングはナイン・インチ・ネイルズの『クローサー(remix ver.)』

オープニングは手書きのクレジットと犯人の”犯行計画ノート”で殺伐と表現されます!担当したのはカイル・クーパーさんという主にオープニング・クレジットをデザインする凄腕!観てください!痺れます!

主題歌はデヴィッド・ボウイの『The Heart’s Filthy Lesson』

この曲のビートに絡みつくようなギターサウンドがスリルを引き立てる!

デヴィッド・ボウイとデヴィッド・フィンチャーのセンスが化学反応起こしてます!

セブンに別エンディングがあった!?

セブンには構想段階で別エンディングがあるのを知っていましたか?

その別エンディングとは。。。!?

サマセットがジョン・ドゥを撃つ!というもの!

ミルズを幾ばくか救うため、業を全てサマセットが被るというものです。

こちらのエンディングも衝撃的ではありますが、ミルズ本人がジョンを撃つという結末の方がインパクト大きいですね!この結末でよかった!

セブン(映画)のまとめ

デヴィッド・フィンチャーによる切れ味抜群の『セブン(SEVEN)』

ストーリー、キャスト、映像、音楽が極限まで研ぎ澄まされたこの作品!

観たことある人も、もう一度観賞したくなったんじゃないですか?

この映画について、僕の意見よりさらに深い考察とか、新しい意見をくれたらとても嬉しいです。

ぜひコメントしてください!

ツイッターもやってますので、そちらから絡んでくれてもいいです!

サスペンス映画おすすめランキング最強ベスト52!どんでん返し最高!

2019.02.19
KOTA
ランキングに参加しているので、記事が参考になったらページ下部(PCの場合はサイドバー)にあるブログボタンをクリックしてくれる親切な天使を求む!