ツイン・ピークス Season 3: The Returnの結末の意味を考察!背景に壮大なテーマ

ツインピークス ザ リターン

2017年にツインピークスの25年ぶりの続編「Twin Peaks The Return」が開始され、僕の感想としては想像を上回る楽しさだったわけだが、前作以上に謎は多く、解釈に困った人も多いだろう。

ここでは、細かい設定を追求するのはやめて、

簡単なあらすじと、まとめるとツインピークスthe Returnはどういう話か?ということをわかりやすく伝える。

まだツインピークスの新シリーズThe Returnを観てない人は↓↓

ラストのあらすじネタバレ

バッドクーパーはルーシーに撃たれ倒れ、ボブの黒い塊が現れるが、ボブは緑の手袋マンに破壊される。

金の玉があれば、自分の分身は作れる。クーパーは片腕の男に頼んでおいた。

目が無い女性をみたクーパーの意識は再度分裂し(背景がクーパーの顔面だったから)、ゴードンとダイアンに別れを告げ、315室の鍵でフィリップ・ジェフリーのところへ(コンビニ)。もう一方のクーパーはツインピークスでみんなと再開し、ラスベガスへ戻る。(実際どの時点で入れ替わったのかは不明)

ジェフリーは1989年2月23日へクーパーを案内し、クーパーはローラに会い、レオたちの山小屋に行く前に、ホワイトロッジ?へ連れて行こうとするが、ローラは途中で悲鳴をあげ消える。クーパーはいつの間にかブラックロッジへ。

ブラックロッジでクーパーはリーランドからローラを探せと言われる。ロッジから出たクーパーは本物の方のダイアンと会い、二人で車を走らせモーテルで愛をかわす。朝起きるとダイアンはおらず、クーパーは車を走らせ”ジュティ”というカフェに。(置き手紙にリチャードとリンダと書いてあったことから、別の世界に来た)

ジュディで休みの従業員の元を訪ねると年を重ねたローラがいた。ローラを知らないという彼女を連れ、ツインピークのローラ・パーマーの家へ。そこにはローラの母セーラはいなかったが、側の道路でローラ(と瓜二つの女性)は叫び声をあげる。→END

ツインピークス結末の意味

1945年の大爆発(核実験)で、人類を脅かすとてつもない”悪意”が現れた。悪意自体は”ジュディ”でそれが元で生まれたのが「火をくれ」という黒い男やボブ。

それに対する解決策として消防士が生み出したのローラ・パーマー。

ジュディはカエルとなり、ローラの母セーラが幼い頃に乗り移っていた。

クーパーは年を重ねたローラを会わせれば何かが解決するかと思ったが、セーラはおらず。

しかし「ローラ」と呼ぶ声は聞こえたので、ジュディ自体はまだ存在する。

一番衝撃的だった事実は、1990年のシーズン1のローラの死の真相が変わった!ということ、リーランド=ボブを操っていたのが、セーラ=ジュディだった可能性があるのだから!

次のシーズンもありそうな雰囲気。

ここから先はツインピークスのストーリー解釈の裏にあるリンチ監督の意図に迫ります。

結末の先にあるリンチ監督の意図

リンチ監督は著書の「大きな魚をつかまえよう」で、瞑想によって混乱が無い世の中が作られることを信じており、その活動をしていると書いてある。

ツインピークス The Returnの大爆発でジュディなどが生まれたと考えれば、リンチ監督の頭の中には、人間の業が世の中に存在している。闇の世界の存在。

ということが大きなテーマとしてあったのではないだろうか?

アメリカの普通の家庭の中に底知れぬ”悪意”が存在する可能性があり(リーランドやセーラ)、その人たちのせいではなく、人間全体の業がそのように仕向けているという、繊細さも壮大さも兼ね添えた大きなストーリーがあったように思える!

マジ!?ツイン・ピークスThe Return 4つのぶっ飛び設定

2019.05.16