トレインスポッティングは一体何がオシャレ!?正直に感想ブチまけ!

トレインスポッティング ラン

ユアン・マクレガー主演、ダニー・ボイル監督の『トレインスポッティング(1996)』を観た。オシャレ映画の金字塔的な作品だということは知っていたが、想像よりも数倍オシャレヤだった。

自堕落でどこまでも突っ走る感じが最高にスタイリッシュなこの映画の何がオシャレなのか、見解を述べたいと思う。

トレインスポッティングはファッションショー

まずトレインスポッティングは服装がオシャレすぎる。坊主頭のレントン(ユアン・マクレガー)はピチピチTシャツに、超タイトなジーンズをきこなしているし、スパッドは大きな黒縁メガネが印象的で、スーツを個性的に着こなしちゃう。

スパッド

シックボーイは無地Tシャツだけで色男に見えちゃうし、映画全体がファッションショーだといえるだろう。

  1. 登場人物のスタイルの良さ
  2. UKファッションの攻めた着こなし
  3. スタイリッシュな映像や音楽

これらが組み合わさり、

ストーリー以前に、ファッションショーとして楽しむことができる。しかも、トコトン自分たちを汚しきったファッションショーだ。崇高なパンク的精神である。

トレインスポッティングが若者に受け入れられるのは当然かもしれない。

映画フィフス・エレメントもファッションショー!

ファッションを題材にした映画はたくさんあるし、基本的に映画にはスタイリングのプロが関わっている。

しかし、映画全体がファッションショーとして楽しめるものは少ない。しかし、トレインスポッティングを観て思い出したのが、この映画の翌年(1997年)に公開された、リュック・ベッソン監督による、SF映画の金字塔『フィフス・エレメント』だ。

出演者のブルース・ウィルス、ミラ・ミラ・ジョボビッチ、ゲイリー・オールドマンなどの超豪華キャストが出演。そして、彼らの衣装はもちろん、エキストラの服まで、全て有名デザイナーのジャン=ポール・ゴルチエが作っている。

フィフス・エレメントはゴリゴリのブランド前衛的なファッション、トレインスポッティングは、郊外の若者のUKファッション。

ファッション・映画のジャンルは違うが、ファッションショー映画として楽しめるという、大きな共通点がある。

フィフスエレメントはSFのフリした純愛ファッション映画!?87点A+評価!レオンとテーマ一緒じゃん!

2019.04.21

音楽と映像のマッチ度がオシャレ

トレインスポッティングといえば、音楽がめちゃくちゃカッコイイことでも有名だ。

もっと詳しくいうと、映像と音楽のマッチ度が他の映画と比べてとても高い。

ダニー・ボイル監督やスタッフのセンスの良さによるものだろう。レントンがダッシュするシーンでかかる、冒頭イギー・ポップの『Lust For Life』の使われ方がすでにカッコイイ。

まずは、映画でどのように使われているか聞いてみてほしい↓↓

最高の組み合わせ、最高のマッチ度だということがお分かりいただけただろう。『Lust For Life』を全部聴きたい人はこちら↓↓

イギー・ポップの他にも、アンダーワールドなど、有名バンドの楽曲がオシャレにスタイリッシュに使用されている↓↓

ファッションも最高で、バックで流れている音楽も最高。トレインスポッティングは文句のつけどころがないオシャレ映画だといえるだろう。

自堕落な生き方がオシャレ

トレインスポッティングは、レントンなど、ドラッグから抜け出せない自堕落な若者の生き方そのものがもはやファッションになっている

ドラッグを打つレントン

スコットランドのブルーカラー的、パンク的とでもいえばいいだろうか。とにかく、生き方という点でも振り切っているのである。

ベグビー

ファッションは見た目だけでなく、その人のパーソナリティや生き方も重要になってくる。そこまでマッチさせることができたからこそ、トレインスポッティングはファッション映画の金字塔と呼ばれるまでになったのだろう!