ロジータもサシャもアホ過ぎ!ウォーキング・デッドシーズン7第14話「密かな決行」あらすじネタバレ感想!

ロジータとサシャ ウォーキング・デッドシーズン7第14話

ウォーキング・デッドシーズン7第14話「密かな決行」(原題:The Other Side)

ロジータとサシャが二人で救世主のアジトへニーガンを殺しに行く話し。彼女らが計画性ゼロで目的まであやふやになってきているのが痛すぎる。

ウォーキング・デッドシーズン7第14話 あらすじネタバレ1「サシャとロジータ出発」

戦いの準備が進むヒルトップ。マギーサシャがナイフ術を町民に教えていた。ジーザスはニーガンのアジトの工場の大まかな見取り図をサシャに渡す。

グレゴリーロジータがヒルトップに入ってきたのを遠目で見ていた。

ジーザスはサシャにロジータとの襲撃をやめるよう説得するが、聞かず。イーニッドがマギーに話しに行ったタイミングで救世主のサイモンたちが車でやってきた。

ダリルとマギーは地下倉庫に身を隠す。

ウォーキング・デッドシーズン7第14話 あらすじネタバレ2「作戦変更」

地下倉庫に救世主の部下がやってきたが、ダリルとマギーは奥に隠れていて見つからずに済む。ダリルはグレンが死んだのは自分のせいだと謝るが、マギーは彼を責めなかった。

ニーガンが医者を一人(カーソンの兄)殺したため、サイモンは大量のアスピリンと引き換えにカーソンを連れて行った。何もしないグレゴリーに住民からの非難が募る。

ロジータは自分がエイブラハムにあげたネックレスをサシャがしているのを見て嫌味を言う。サシャが提案した、アジトの近くのビルから狙撃する作戦に、「侵入して確実に殺したい」とふてくされる。二人は車をなんとかゲットし、アジトの工場へ向かう。

ロジータとサシャ ウォーキング・デッドシーズン7第14話

アジトの東側にある高いビルに登りスコープで、作業指示を出すユージーンを発見するサシャ。

ロジータはサシャに過去の男の話をし、彼らを生きる技術を学ぶために利用したが、エイブラハムは違うと語る。

中庭にニーガンが出てきてサシャが狙うが、ヒルトップから連れてこられたカーソン医師やユージーンが邪魔で撃てない。無線を聞いてみると、ウォーカーを集めるため、今日このビルが捜索されることがわかったため、突入作戦へ変更。

ウォーキング・デッドシーズン7第14話 あらすじネタバレ3「サシャ一人で突入」

夜、ロジータとサシャはユージーンの隣にいた警備の1名を射殺し、ユージーンにここから出ろと説得。彼は断り、建物の中へ消えた。

ユージーン ウォーキング・デッドシーズン7第14話

サシャが金網の鎖を切断中。ロジータは背中合わせになって警護するが、振り向くとサシャは一人でフェンスの中に入り、チェーンもかけられていた。サシャは「あなたはまだ死ぬときでない」と言い残し、建物に突入。

ロジータは泣きながらフェンスから走り去った。そこにボウガンを持った人物が現れる。

走るロジータ ウォーキング・デッドシーズン7第14話

ウォーキング・デッドシーズン7第14話あらすじネタバレ END!

次の項目から、ウォーキング・デッドシーズン7第14話の感想と考察です!

ジーザスはゲイ!

マギーとの会話でちらっと言ってたけど、ジーザスはゲイだったんだね〜。ウォーキング・デッドは多種多様なアイデンティティーを持つ人物がいて面白い!

別に僕はLGBTには全く偏見がないんだけど、ジーザスというキリスト教の神の子のアダ名の人物がゲイというところに、ウォーキング・デッド人物像の奥深さを感じる。

ウォーキング・デッドの製作陣には、アンチクライスト(反キリスト教)とかそう意味はないだろうけど、みている人はいろんなことを考えることができて面白い!

ロジータとサシャの行動に怒り!

そして、ロジータとサシャには、今回もやっぱり腹が立った。

エイブラハムを殺されたという、二人の私情でニーガンを殺しに行ったはずなのに、サシャが一人だけでアジトに突入するという展開。

一人だど、ニーガン暗殺の成功確率が、めちゃくちゃ下がることをわかっててやっているはずなので。この時点でニーガンを殺すと言う目的すらアヤフヤになっている。(そもそも、ニーガンが広い建物のどこにいるかも知らないで正面から突入してるので、成功する確率が0に近いが)

「ロジータに今死んで欲しくないから、気づかせるために私(サシャ)が死にます」と言うことだろうけど、結果的に色々バレてリックたちの作戦が台無しになる可能性がある。

この女の友情的な展開は何なのだろう!?女性の友情は論理を超えてます!っていうテーマなの?何なの!?

みんなのことを全く考えてない

前回も言ったが、彼女たちは町の人のことはこれっぽっちも考えておらず、それどころか、今生きているリックたちのことも全く考えていない。軽率な行動が非常に腹立たしい。

そもそも、ニーガンのアジトはなぜ正面の鎖を切るだけで入れるのか?警備弱すぎる。。

そしてロジータは、サシャが直したフェンスなんて、銃で殴ればすぐ壊せるはずなのに、突入せず走って逃げる。意味不明。

予定変更する意味は!?

それから、元々はサシャの狙撃でニーガン暗殺の予定だったのに、ニーガンの手下がウォーカー集めのためにビルに来るという理由で、突入に変更している。明日まで森とか他の場所に隠れて、またビルから狙撃すればよくね!?

なぜ、予定変更したのか?謎すぎる。きっと何だかんだ正面突破したくて堪らなかったのだろう。理解不能である。

ロジータがなんでも出来る設定がズボラ!

あとロジータがサシャに、ウォーカーが蔓延した後、サバイバルオタクから爆弾の解体を習ったと言ってたけど、サバイバルオタクが普通、爆弾の解体なんてできないだろうし、ウォーカーがたくさんいるのにそんなことロジータに教える暇もないはず。この辺の設定のズボラさが気になる。

ウォーキング・デッドシーズン7第14話メイキング!

次の話 ウォーキング・デッドシーズン7 第15話

ニーガン実はドM疑惑!?ウォーキング・デッドシーズン7第15話「余地なき選択」あらすじネタバレ感想!

2019.06.09

前の話 ウォーキング・デッドシーズン7 第13話

モーガンやっぱりトチ狂う(笑)ウォーキング・デッドシーズン7第13話「決壊した良心」あらすじネタバレ感想!

2019.06.09

ウォーキング・デッド(TWD)関連記事

ウォーキング・デッド全131話あらすじネタバレ登場人物(シーズンごと)

ウォーキング・デッドの全情報(ストーリー、キャラクター、あるあるネタ、無料視聴法、スピンオフ、原作)

ウォーキング・デッドシーズン7全話あらすじネタバレ解説