インランドエンパイアの意味やあらすじカンタン解説!リンチ監督の超難解多重構造をイラストで!無料視聴サイト紹介!

インランドエンパイヤ 娼婦の部屋

鬼才デヴィッドリンチ監督のインランドエンパイアをまず1回観たのですが、内容やテーマがほとんど分からず、プライドがズタボロになり泣きました(笑)。そこで2回目は全てのシーンやセリフをメモに取り、内容やストーリーを解き明かすことに成功!9時間かかりました。。。

その結果、インランドエンパイアはものすごく感動するテーマが込められた映画だとわかりました!なので観たけど意味がわからなくてつまらなかった!という人に読んで頂きたいです!

※超難解映画『インランド・エンパイア』が無料で見られるVODサイトはU-NEXT。31日間の無料トライアルを試してみよう!(トライアル期間中に解約可能)

通常バナー

————————————————————————

本ページの情報は2019年11月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

————————————————————————

未鑑賞の人は簡単なあらすじや映画の見どころなど、目次の4の項目まで

もう観たっていう人は5以降も読んで観てください!面倒いからすぐ解説を観たいって人はコチラ

インランドエンパイア(映画)キャストと製作陣

の制作陣や基本情報を押さえておきましょう!

監督

 

主要キャスト

 

公開年

製作国

興行収入(円)

 

受賞歴

賞のトロフィー

デヴィッド・リンチ ローラ・ダーン
ジェレミー・アイアンズ
ハリー・ディーン・スタントン
ジャスティン・セロー
2006年

アメリカ
ポーランド
フランス

脚本

脚本

美術

美術担当

音楽

音楽

主題歌

 

なし デヴィッド・リンチ

主演はローラ・ダーン。ブルー・ベルベットなどリンチ監督作品の常連です。その他にはジュラシック・パークへの出演が有名!

スタッフはデヴィッド・リンチの独壇場(笑)。前作マルホランド・ドライブはヒットして評価も凄く高かったわけですが、今作は前作に輪をかけたような奇怪な内容だったのでどこの映画会社からも出資してもらえず、普通の映画製作ができなかったらしい(フランスの映画会社が多少出資)。

そういうわけで撮影は、俳優にはほぼノーギャラで出てもらい、しかもリンチ監督が何か思いついたら俳優を呼び出しその場で撮るという斬新なものでした。

結果、何回も観て内容が解ればすごく感動できる映画になりましたが、1回見ただけでは全く意味が分からないという難易度MAXムービーに!

インランドエンパイアの予告動画

かつての大女優ニッキー(ローラ・ダーン)の豪邸へ、目のギョロッとした東欧訛りのおばあさんが近所に越してきた挨拶に訪れる。

コーヒーを飲みながらのおばあさんの会話が次第に奇怪なものになり、ニッキーは困惑。

次の日、ある映画の主演が決まり喜ぶニッキー。打ち合わせを進めるうちに、作品の脚本がいわくつきのものであると知り。。。

インランドエンパイアの見どころ!

意味不明なシーンの連続

ウサギの着ぐるみを被って座っている人がいたり、娼婦たちがいきなり踊り出したり、口に電球を加えているおっさんがいたり、そんなアイデアどっから生まれたんだよ!ってゆうくらい意味不明です(笑)そういった奇怪なシーンが好きな人は楽しいかもしれません。

難易度MAX!

もはや見どころとはいえないかもしれませんが、インランド・エンパイアは僕が今まで見た映画の中で難易度が一番高いです!

一見現代アート映画のように意味不明なシーンの連続なのですが、よく観るて考えるとしっかりストーリーがわかるような作りになってます。

物語の軸はしっかりあるが、構造が複雑すぎるという意味では難易度MAX。よく難解映画の代名詞として同監督のマルホランド・ドライブが挙がりますが、インランド・エンパイアは数倍複雑です。

インランドエンパイア82点評価の理由

映画の各要素(10点満点中)

ストーリー キャスト(ハマり役) テンポ 演技・シーン
10 8 7 8
セリフ 映像の見やすさ(構図) 音楽・音響 印象度(記憶に残る)
8 5 9 10

序盤・中盤・ラスト(5点満点)

序盤 中盤 ラスト・結末 話の筋が通っているか?
4 3 5 5

インランド・エンパイアは何点!?観るべき映画?

各要素と、序盤・中盤・ラストの合計を100点満点とし計算しています。

の点数は。。。

合計82点 Aランク!

インランド・エンパイアは難解なストーリーに加え、デジタルで撮った映像画質も非常に荒く観づらいです。なので、マルホランド・ドライブやイレイザーヘッドなどの有名作品を観てリンチ監督のファンになった!という方にしかおすすめしません!

難しいが、しかし謎が解ければ最高に感動できるという変な映画です。

※以後ネタバレになりますので、まだ映画を観てない人は次の項目には行かないでください!

インランドエンパイアのストーリー構造とテーマを解説!

インランドエンパイアを簡単に説明すると。かつてポーランドで「47」という映画の撮影時に不倫して殺されてしまった女性(ロストガール)が、ハリウッドでこの映画のリメイク話があることを察知。

まだそのリメイク映画に出演も決まってないニッキーの家へ、緑のおばさんの来訪。二人は会話の中でロストガールの悲願を感じとり、「役が決まった場合の撮影の状況」「映画の内容」「ポーランドでの悲劇」「悲劇を生んだ”悪”の破壊」を想像。(※ロストガール自体がニッキーの想像という見方もできますが、全体的な解釈あまり差が出ないため触れません)

ニッキーの想像を映像として観て感動したロストガールは、忘れていた大事なものを思い出し救われる。それを逆に感じとったニッキー自身も救われる!という内容。

インランド・エンパイアは構造で分けると5重構造になります。想像の中の想像の中の想像というめちゃくちゃ複雑な作りになっているため、わかりやすく図も作りました!

インランドエンパイアの解説図

インランド・エンパイヤのテーマ①女性賛歌

僕が感じたこの映画のテーマは「女性賛歌」

心に傷を負った女性(ロストガール)がニッキーと通じて心が救われる。それによってニッキーも悲劇を回避するという構成になっているからです。

よく、ファントム(悪い男)はニッキーだ!不倫をしてしまった罪の意識を退治したのだ!という解説を見かけますが、違うと思います。この作品では不倫は”悪”ではなく、どうしようもない旦那を持ってしまった結果に起きた”悲劇の象徴”という意味合いが強です。

【女性たちには、身を売ったり男に傷つけられたりといった苦難を乗り越えられる、強い共感(シンパシー)の力がある!】というのがテーマだというのが僕の結論です。

テーマ②女の人生は女優と娼婦

著名な解説者の町山智浩さんがラジオでこの映画は娼婦と女優の起源や根幹は一緒だという解説をしていましたし、女性の人生は役を演じる女優や、娼婦のようなものだ!というテーマもあると考えます。もちろん悪い意味ではなく。部屋で映像を観ながらずっと泣いているロストガール自身もカメラを通して画面に映っているというシーンがあるので、みんな女優だよ!というテーマが見えます。

テーマ③デヴィッド・リンチ監督の頭の中

今作でよく出てくるのは”撮影カメラ”。このカメラはニッキーの想像を物語としてロストガールのTV画面に投影したり、ニッキーからロストガール側を覗くという場面でも使われます。加えてアイデア一発のような意味不明なシーン、出演者が苦悩してトラブルに陥る設定、助監督がみんなから金をせびる描写から、リンチ監督自身の映画製作の過程や、カメラを通して得られた感動も表現されているように感じます。

インランドエンパイヤを最高の作画能力で説明!

インランド・エンパイヤ解読のためのイラストを、僕の芸術的なセンスで描きあげました!これに関するクレームは受け付けません(笑)

筆者が描いたインランドエンパイヤ の図解イラスト

インランドエンパイアあらすじ完全版

インランドエンパイアあらすじ詳細はこちら

インランドエンパイアはなぜ難解か考察

構造が複雑

想像の中の想像の中の想像の話といった構造になっている上に、説明もないため、観る人は”今どこ”にいるのか混乱します。

顔が覚えきれない

インランド・エンパイアは全員の顔を完璧に覚えないとストーリーが全くわからないのですが、シーンの入れ替わりが激しいので、初見だと覚える前に次の他の人物のシーンに写ってしまい、ついていけません(笑)しかも顔が似てる人が多い気がする。

映像が暗くて荒い

デジカメの映像は荒いし、シーンは暗い部分が多いため、余計解読が難しいです。

おまけ:F娼婦たちが踊った曲「ロコモーション」

娼婦たちがいきなり踊りだす意味不明なシーンがあります。なぜこのシーンがあるのか?ヒントもないので確かな事はわからないですが、苦境にいる女性たちの開き直りや楽しさを表現しているのかもしれません。

https://youtu.be/lNNW0SPkChI

インランドエンパイア(映画)解説まとめ(ウサギは?)

デヴィッド・リンチ監督によるインランド・エンパイヤの解説!お楽しみ頂けましたでしょうか!?

暗く、禍々しいシーンが多いインランドエンパイヤが、女性賛歌を表現していたという結論に納得して頂けましたでしょうか?僕はこの考えに至ったときとても感動し、難解だがとても魅力的な作品だと思いました!

ちなみにウサギの部屋ですが、僕の解釈ではハリウッド側とポーランド側を繋ぐ空間です。

この映画もリンチ監督らしく、観る人によって得られるテーマや感想が異なるものになっているので、僕と違う解釈をした人や、この映画に関する意見などあればコメントをください!

カルト映画の帝王『イレイザーヘッド』スパイク君の秘密とは?リンチ監督デビュー作にして最恐作品を徹底考察!無料視聴サイト紹介

2019.03.13

映画ブルーベルベットが傑作である理由を解説!鬼才デヴィッドリンチが魅せる意義のある違和感!無料視聴サイト

2019.03.11

マルホランド・ドライブのメビウス構造!謎を超カンタン解説!あらすじネタバレ

2019.03.05

ABOUTこの記事をかいた人

フリーライター/映画評論家/沖縄県在住のアラサー男子 誕生日は3月27日でクエンティン・タランティーノと一緒。 中学のとき、友だちに『シックス・センス』のネタバレをされトラウマに。バンドや作詞作曲活動も行っており、2019年は田港栄輝監督の『ストレプトカーパス(2020年公開予定)』という映画への出演と楽曲提供をしました。 傑作映画を求めて彷徨うムービーファントムであり、どんなジャンルにも食いつきます。“どのサイトにもない考察”を目指しており、その映画をもっと深く知りたいという人の手助けをするために日々奮闘しています。 好きな映画は『マルホランド・ドライブ』『ユージュアル・サスペクツ』『パルプ・フィクション』。好きな監督はデヴィッド・リンチ、マーティン・スコセッシ、クエンティン・タランティーノ。 【海外ドラマ】『ウォーキング・デッド』『ツイン・ピークス 』 【マンガ】『ジョジョの奇妙な冒険』『ハンター・ハンター』 【音楽】NIRVANA、プリンス、ブルーノ・マーズ