やっとニーガン死亡と思いきや!?ウォーキング・デッドシーズン8第16話(最終回)「戦いの果て(Wrath)」あらすじネタバレ!

ウォーキング・デッド シーズン8第16話最終回

ウォーキング・デッドシーズン8第16話(最終回)「戦いの果て」(原題:Wrath)!

ニーガンの罠に引っかかるリックたちに一筋の光が、リックとニーガンの対決はどちらかが死ななければ終わらないのか!?

ウォーキング・デッドシーズン8第16話 あらすじネタバレ1「裏の裏の罠」

カールとて手を繋いで牧場を歩いた過去を思い出すリック

そばにいるセディクに今まで何があったか聞くと、「母が死んだ。彼女はウォーカーに魂がとらわれていると信じていた」と語り、彼はカールがどのように自分を助けてくれたか続けて話した。

モーガンは門から入って来た救世主の捕虜に棒を向ける、止めようとしたヘンリーを倒してしまった。彼らはマギーの指示で、付近のウォーカーを他の地域へ誘導して戻って来ただけだった。リックはモーガンに残れというが、「俺たちは悪に染まった。終わらせなければならない」と返される。

ニーガングレゴリーに持たせた地図通りに下っ端を配置していた。リックたちは彼らを襲い、持ち物から本物の地図を手に入れる。モーガンは命乞いする男の腹を刺し、首を掻っ切る。するとウォーカーに食われて死んだジャレッドの幻が出てくる。

ニーガンたちも決戦の地へ出発。ニーガンは車の中でゲイブリエルに、リックたちが今部下を倒して手に入れた地図も偽物だと語る。ゲイブリエル車から飛び降り、逃げようとするが失敗して捕まる。

ジーザスはモーガンに、「棒の尖っている方をウォーカーに、丸い方を人間に使え」と提案。リックたちは手に入れた地図の場所、草が広がる丘に辿り着くが、口笛が聞こえてくる。

一方、救世主の一部はヒルトップへ向かっていた。

ウォーキング・デッドシーズン8第16話 あらすじネタバレ2「決着!」

救世主らがリックたちを取り囲むように、銃を構えて丘の上から出て来た。ニーガンはリックたちをまた罠にハマったと言い、ユージーンの作戦だと笑う。

ニーガンが一斉射撃を指示すると、全ての銃が暴発。リックたちはそれを契機に突撃し、彼らを追い詰める。

ゲイブリエルはニーガンを殴り、ドワイトがタックル。しかしニーガンは丘の下に逃げる。追うリック。

ヒルトップのタラは住民を秘密の通路から森へ逃がし、一人で森の入り口で銃を構えて時間稼ぎをするつもりだった。しかし、救世主の捕虜だったものも残ると言い、タラは彼らを信用して銃を持たせる。

襲撃者たちが追ってくるのが見えたが、撃つ前に炎が上がる。オーシャンサイドのシンディたちが火炎瓶で加勢してくれたのだ。無事敵を撃退。

リックはニーガンに追いつき激しい殴り合いに。リックはカールの考えを言うので10秒待てと言うと、ニーガンは10秒数えだした。カールの和解という考えに涙するニーガン。リックはその隙にガラスで首を掻っ切った。「これがお前だ」と話ながらニーガンは倒れる。

ウォーキング・デッドシーズン8第16話 あらすじネタバレ3「新しい世界」

リックはニーガンを助けろと指示。マギーは「ノー!!」と泣き叫び、彼を殺してくれと懇願。ミショーンになだめられる。

リックは救世主のメンバーをアジトに返すと言い、「新しい世界がはじまる。今までの全てが過去。未来をはじめよう」と叫んだ。

ロジータはユージーンが救世主の弾に細工したことにお礼を言うが、ゲボをかけられた分だと言って殴る。モーガンは、身につけていたベンジャミンの防具をヘンリーに渡してくれとキャロルに頼む。

リックは丘の中腹で一人泣いていた。

捕虜の一人はヒルトップに残りたいと言い、マギーは許可。タラは聖域に食料を貰いに行き、代わりに窓を修復するためのガラスを渡す。

ダリルはドワイトを森へついれて行き「シェリーを探してこい、もう帰ってくるな」と車を渡す。ドワイトは昔シェリーと暮らしていた家に行くと、シェリーからの置き手紙を発見。

エゼキエルジェリー、ヘンリー、そしてキャロルは王国へ帰り町の立て直しにはげむ。

モーガンはジェイディスがいるゴミ山へ行き、彼女にアレクサンドリアで暮らすよう提案。自分はここに残ると言う。

マギーとダリルはニーガンを生かしたことは間違いだと言い、時期が来たらリックとミショーンにわからせなければならないとジーザスに話す。

ダリルとマギーとジーザス ウォーキング・デッドシーズン8最終回

リックとミショーンはニーガンを、過去を思い出させるために一生独房に入れて生かすことに決めた。

リックは「俺がどんな人間だったか思い出した」とカールを想いながら語る。

ウォーキング・デッドシーズン8第16話あらすじネタバレ END!

次の項目から、ウォーキング・デッドシーズン8第16話の感想と考察です!

ウォーキング・デッドシーズン8第16話感想と考察

お互いギリギリのところまで騙し合い攻め合いながら、最後は和解するという、これまでとこれからを考える上でベストな終わり方だったように思える。

シーズン7〜8は途中がグダグダなところが多かったので、ちゃんと決着がつくか不安だったが、しっかり綺麗に終わった。シーズン1から考えても、シーズン8の最終回でやっと人間対人間という大きなテーマが回収できたと思う。ウォーキング・デッドの一つの大きな区切りだ。

マギーとダリルが反リック派になってしまっているのが気になるが、シーズン9はリック統治下での内輪揉めになってしまうのか?それよりは、新しい舞台に移るか、テーマをガラッと変更させて欲しい。

マギーは、グレンがもし生きていたら、これ以上の争いを望まないと言うとわかっているのに武闘派になるのはちょっと不自然かな。

ダリルは信頼しているものには無条件に従順で、その性格の裏には兄のメルルの事や、親からの虐待といった経験がある。でもここにきて反リックになり、武骨だけど素直なダリルというキャラクターが崩壊しそうなのが勿体無い

まあ、いずれにせよ、シーズン9が楽しみだ!!

次の話 ウォーキング・デッドシーズン9 第1話

かわいそうにグレゴリー絞首刑!?ウォーキング・デッド最新シーズン9-1話「新たな幕開け」ネタバレあらすじ感想!

2019.06.12

前の話 ウォーキング・デッドシーズン8 第15話

悪童サイモン先輩がニーガン先生にシバかれる!?ウォーキング・デッドシーズン8第15話「偽りの顔」あらすじネタバレ!

2019.06.12

ウォーキング・デッド関連記事

ウォーキング・デッド全131話あらすじネタバレ登場人物(シーズンごと)

ウォーキング・デッドの全情報(ストーリー、キャラクター、あるあるネタ、無料視聴法、スピンオフ、原作)

ウォーキング・デッドシーズン8全話あらすじまとめ解説(ネタバレ)