トラを飼えば勝ち組!?ウォーキング・デッドシーズン7第2話「王国」あらすじネタバレ感想!

エゼキエルとトラ ウォーキング・デッドシーズン7第2話

ウォーキング・デッドシーズン7-2話「王国」(原題:The Well)を観終わった。

前回の悲惨なストーリーとは打って変わり、今回はモーガンとキャロルが王国(KINGDOM)という町で生活する話。しかしその国にもやはり秘密がある。

ウォーキング・デッドシーズン7第2話 あらすじネタバレ1「王国」

右手と右足を撃たれ、中世の騎士のように武装した男たちに運ばれるキャロル。途中ウォーカーの群れに遭遇し、男たちやモーガンが対処するが、キャロルは幻覚で、朽ち果てるウォーカーが人間の姿に見える。

キャロルは2日眠り続け、モーガンと車椅子で町の責任者に会う。王国(KINGDOM)という町だ。彼は自らをエゼキエル王と名乗り、シヴァという名前のトラを従えていた。

エゼキエルとトラ ウォーキング・デッドシーズン7第2話

キャロルはエゼキエルの前では「光栄です」と調子を合わせたが、モーガンに茶番で嘘で塗り固められた町だと文句を言う。

ウォーキング・デッドシーズン7第2話 あらすじネタバレ2「棒術を教える」

モーガンはエゼキエルとその部下と外出。ウォーカーを餌に豚をおびき寄せ、ウォーカーを喰わせて飼育している状況を目の当たりに。

帰り道ウォーカーに襲われたベンジャミンという人物を棒術で救うモーガン。エゼキエルに腕を認められ、ベンジャミンに棒術指導をすることに。ベンジャミンは読書家でもあり、モーガンが師匠イーストマンから譲り受けた本をどうしてもといって借りる。

ウォーキング・デッドシーズン7第2話 あらすじネタバレ3「町の秘密と去るキャロル」

モーガンは再びエゼキエルや部下と外出。トラックには別の場所で解体した豚肉が並べられ、救世主の男たちに渡す。不公平な協定を結ばされていたのだ。

お互いちょっとした小競り合いも起きる。

救世主と王国の小競り合い ウォーキング・デッドシーズン7第2話

夜、出て行こうとするキャロルはエゼキエルに声をかけられる。

キャロルがこの町について茶番すぎて笑っちゃうと言うと、エゼキエルは「私は元飼育員で、トラのシヴァは動物園で怪我をしていたのを助けた、役者もやっていた。トラとこの地へきてヒーローになった」と正直に語り、キャロルの過去を尊みながら「生きることから逃げるな」とアドバイス。

次の日、結局キャロルはモーガンに連れられ町を後にし、町へ来る途中にあった白い家に住むことにする。モーガンは王国へ戻った。

ノックする音が聞こえドアを開けると、トラのシヴァと、リンゴを差し出したエゼキエルがいた。

ウォーキング・デッドシーズン7第2話あらすじネタバレ END!

次の項目から、ウォーキング・デッドシーズン7第2話の感想と考察です!

中世の王国!?キングダム

王国の兵隊の防具自体は現代の物なんだけど、着こなしが中世の騎士っぽくて面白い。

王国(KINGDOM:キングダム)というイメージ通りの特徴があってグッド。

武器についても、弓とか使っちゃってちょっと自体遅れな感じを演出しているし。

ただ、中世っぽくするなら、もっと盾とか槍(やり)とか出して欲しいな!どうせだから、王国はすっごく特徴のある集落でいてもらいたい。

ちょっと話変わるけど、やっと弓使いが出てきた。

僕は今までのウォーキング・デッドの感想で、散々なんでみんな弓使わないのだろう!?と書いてきたが、シーズン7にしてやっと弓使いが現れた!(カッコいいかは微妙だが・・・)

そういえば、槍使いはまだいないな〜棒術士モーガンとキャラかぶるからかな?

もしかすると、槍で遠距離攻撃してしまうと、ウォーカーと戦うシーンで、見ている方のスリルが半減してしまうから、というのもあるのかもしれない。

モーガンが棒術を教えるというワクワク感!

ひょんなことから、ベンジャミンがモーガンの棒術を習うことに!

モーガンが、師匠であるイーストマンから引き継いだ棒術を、ベンジャミンも習得することができるのか?こういう教えや技の伝授ってワクワクするよね!

ベンジャミンもめちゃくちゃ性格良さそうな青年っぽいし、いい棒術使いになってくれるといいな!ただ、ベンジャミンは不器用で弱いので、すぐ殺されないかだけが心配・・・

今更だけど、モーガンがイーストマンから棒術を習った期間ってせいぜい数ヶ月なはずだけど、モーガンはいま完璧に棒術をマスターしているような気がする。才能半端ないくないか!?

もともと才能もあって、命がけのウォーカーサバイバル生活で、さらに腕が磨かれたということなのかもしれない!!

職業から見るウォーキング・デッド人気の秘密

エゼキエルは元飼育員で役者、ということだけど、ウォーキング・デッドは重要人物の文明崩壊前の職業が意外としょぼい。

グレンはピザの配達員だし、ダリルは無職だし。でも二人とも尊敬されて大活躍。

ただ、そういったところが、ウォーキング・デッドのファンや視聴者がとても多い秘密だと気づいただろうか!?

現在仕事が上手くいってない視聴者も、文明崩壊後は俺だって成功できるかもしれない!と、観ている人の潜在意識に働きかけることに成功しているのだ。

とにかく現実逃避しやすい設定。これがウォーキング・デッド人気の秘密だろう!

次の話 ウォーキング・デッド シーズン7 第3話

史上最高にカッコいいダリルを目撃せよ!ウォーキング・デッドシーズン7第3話「囚われて」あらすじネタバレ感想!

2019.06.07

前の話 ウォーキング・デッド シーズン7 第1話

ニーガンがグレンとエイブラハム撲殺!?ウォーキング・デッドシーズン7第1話「惨き鉄槌」あらすじネタバレ感想!

2019.06.06

ウォーキング・デッド(TWD)関連記事

ウォーキング・デッド全131話あらすじネタバレ登場人物(シーズンごと)

ウォーキング・デッドの全情報(ストーリー、キャラクター、あるあるネタ、無料視聴法、スピンオフ、原作)

ウォーキング・デッドシーズン7全話あらすじネタバレ解説