ニーガンがグレンとエイブラハム撲殺!?ウォーキング・デッドシーズン7第1話「惨き鉄槌」あらすじネタバレ感想!

グレンとエイブラハムがもし生きていたら、 ウォーキング・デッドシーズン7第1話

ウォーキング・デッドシーズン7第1話「惨き鉄槌」(原題:The Day Will Come When You Won’t Be)死者続出で最悪の胸糞展開で、観終わったあと、喪失感から気分が悪い。

実際、衝撃的すぎるシーンでトラウマになり、世界規模な視聴者離れが起きたそうだ。

シリアス路線すぎて、続きを観るのやめようかと考えてしまうほど凄惨だった。

ウォーキング・デッドシーズン7第1話 あらすじネタバレ1

リックは放心状態で「いつか殺してやる」とニーガンに囁く。

全員の前でニーガンに頭を潰されたのはエイブラハムだった。一度殴られても「俺のをしゃぶれ」と捨て台詞を吐いた後、何度も殴られ頭が完全に潰れて動かなくなる。

ダリルが抑えきれずニーガンを殴る。2度目はペナルティーだと言われ、グレンの頭にバットが振り下ろされた。左目が飛び出るグレン。「マギー必ず見つける」と言い残した後、頭を砕かれて死亡。まだ少し動いている。

「当たり前のように一緒に年を重ねていけると思ったろ?」というニーガン。

グレンとエイブラハムがもし生きていたら、 ウォーキング・デッドシーズン7第1話

もし二人が生き続けたなら、、

ウォーキング・デッドシーズン7第1話 あらすじネタバレ2

ニーガンはリックを引きずって車に乗せ離れた場所へ。

運転するニーガン ウォーキング・デッド シーズン7第1話

車でウォーカーを撥ねるニーガン

「これからは全て俺のものだ」と斧を外に投げ、リックにとって来るよう命ずる。霧の中にウォーカーがうごめいていた。リックは斧を取り、車の上に登る。端から首を吊るされたウォーカーに飛び移るが落下。ニーガンがウォーカーを一掃する。

リックはニーガンに斧を渡した。

ウォーキング・デッドシーズン7第1話 あらすじネタバレ3

リックは、みんながいる場所に連れ戻され、これからは俺がボスだと言われる。

目から反抗心が消えないリックに、ニーガンはゲームを宣言!カールの腕にマジックで線を書き、リックに斧を渡す。

「お前が腕を切らなければ他の全員を殺す」

リックは震えが止まらず嗚咽する。

斧を振り下ろすかどうかパニックになったとき、震えた目を見たニーガンは「それが見たかった」と言い仲間と撤収。ダリルは気に入られ、連れていかれた。

マギーは一人でヒルトップに行くと泣く。残されたメンバーはうなだれながら、頭部のないエイブラハムとグレンの死体を運ぶ。

車を発進させサイドミラーに、二人の潰れた頭がウォーカーに喰われている様が映る。

ウォーキング・デッドシーズン7第1話あらすじネタバレ END!

次の項目から、ウォーキング・デッドシーズン7第1話の感想と考察です!

内容がトラウマになってしまった・・・

見ていて内容が凄惨すぎて、気持ち悪かった。エイブラハムが死に、グレンまでバットで撲殺という酷すぎる殺され方。

ただ、二人の死に際はカッコよかった。涙ものだった。

エイブラハムは「俺のをしゃぶれ」と、どこまでもワイルドさを貫いていた。シーズン4で初めて登場してから少しもブレていない。

グレンは頭が潰れかけ「マギー必ず見つける」と、刑務所が崩壊して離れ離れになったときのことを思い出したのか?いつかまた一緒になる!という想いなのか?とにかく意思の強さに感動した!

二人とも真の男の死に様というのを見せつけてくれた。

グレンは降板・エイブラハムはシーズン9で復帰?

僕としてはシーズン1から好きだったグレンが、こんな衝撃的な形でドラマの舞台を去って残念だが、役者のスティーヴン・ユァンのインタビューなどを読むと、ウォーキング・デッドは充分やったので、次のステップに進むのに全くためらいはないらしい。

スティーヴン・ユァンには、これからもいろんな作品で活躍して欲しいものだ!!

一方、エイブラハムだが、実は彼はシーズン9で復帰するのだ!

といっても、シーズン9の第7話監督としてだが。

そうは言っても、またエイブラハムをウォーキング・デッドに関係するところで観れるなんて、ファンとしては嬉しい限りだ!

リックがカールの腕を切っていたら!?

しかし、もしリックがカールの腕を切っていたら、僕もウォーキング・デッドを観るのをやめたかもしれない。親が子供の腕を切断するシーンなんて、いくらドラマでもやめてほしい。

グレンもエイブラハムも頭を潰され、その上リックがカールの腕を切るシーンまで見せられた日には、トラウマが一生消えなくなっていただろう。

それぐらい感情移入すると悲惨すぎるシーンが多かった。

現実的に考えるとニーガンの対応は軽い!?

ちょっとここで視点を変えて、グレンとエイブラハムを撲殺したというニーガンの対応は、現実の世界で考えるとどうなのか?考えてみたい。

ここまで悲しんでおいてなんだけど、ニーガンの対応って現実的に考えると、かなり寛大な方だと思う。

リックたちがすごく酷い目にあっているような印象を受けるが、もともとはリックグループがニーガンのアジト(衛星基地)にいるメンバーを全滅させるという、かなり酷い虐殺行為を行っている

ニーガンも自分の仲間をたくさん殺されているので、普通に考えれば、リックたちは皆殺しにされても全く不思議はない。

ニーガンを終着駅のギャレスたちに置き換えてみよう。リックたちはギャレスに全員殺されて喰われる予定だった。

あくまで”現実的に”という観点で考えると、ニーガンの対応は、”罰”は決して重くないのかもしれない。

次の話 ウォーキング・デッド シーズン7 第2話

トラを飼えば勝ち組!?ウォーキング・デッドシーズン7第2話「王国」あらすじネタバレ感想!

2019.06.07

前の話 ウォーキング・デッド シーズン6 第16話

ボクらのニーガン初登場!ウォーキング・デッドシーズン6第16話(最終回)「悪魔の口笛」あらすじネタバレ感想!

2019.06.06

ウォーキング・デッド(TWD)関連記事

ウォーキング・デッド全131話あらすじネタバレ登場人物(シーズンごと)

ウォーキング・デッドの全情報(ストーリー、キャラクター、あるあるネタ、無料視聴法、スピンオフ、原作)

ウォーキング・デッドシーズン7全話あらすじネタバレ解説