ダークナイトの正義と悪の倫理対決はガバガバ!?ヒースのジョーカーは史上最高ではない!良いトコ悪いトコ考察!

ヒース・レジャーのジョーカー

ダークナイトトリロジー(3部作)『バットマンビギンズ』に続く第二作目『ダークナイト』はアメコミ・ヒーロー映画の枠を超えて大成功した。

ジョーカー役のヒースレジャー、バットマン役のクリスチャンベール、ゴードン警部補役のゲイリーオールドマン、アルフレッド役のマイケルケイン、フォックス役のモーガンフリーマンなど、錚々たる顔ぶれのキャストは完璧。

クリストファーノーラン監督による素晴らしいシーンがいくつもあり、この作品がキッカケで”アメコミ”映画は一気にシーンに躍り出ることに!

ただ、好きな人には申し訳ないが、実際かなり過大評価だと思うし、誰もが楽しめる映画ではなかったように思える。

そこで、このダークナイトの良い部分、悪い部分を忌憚なく分析していこうと思う。(※2019年ホアキン・フェニックス版のJOKER考察もあるよ)

ダークナイト未鑑賞の人は目次のダークナイトは観るべき?の項目までにしてね。

著者:コータ(映画は時間のムダ使い)

小学2年生から映画を字幕で観ることにこだわりを持つ。

中学生の折、シックス・センスを友達にネタバレされた悲しい過去を背負う。

映画評論の傍ら、楽曲制作や出演に携わる。

ダークナイトのあらすじと予告動画

”狂ったピエロ”ジョーカー(ヒース・レジャー)率いる一味が、マフィアの金を銀行から強奪。彼はバットマンをも恐れぬ”ルール無視”のやり方でゴッサム・シティを席巻しつつあった。

バットマン(クリスチャン・ベール)の暗躍により、ゴッサム・シティの悪は影を潜めつつあったが、バットマンに扮した自警団が後を立たないなど問題が起きていた。

一方街の希望、悪の組織を一掃するために立ち上がった地方検事のハービー・デント(アーロン・エッカート)とそれを応援する恋人レイチェル(マギー・ギレンホール)。レイチェルはブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)の幼馴染で元恋人。ブルースはハービー・デントの活動を援助しながらも、3人にぎこちない雰囲気が漂う。

ジョーカーはマフィア元締め達の会議に飛び入り、バットマンを殺すので全資金の半分を寄越せと吹っかける。マフィア達は怒り狂うが、誰もジョーカーを止めることはできなかった。

ハービーとゴードン警部補(ゲイリー・オールドマン)は、地元マフィアの資金洗浄の手がかりを摑むが、香港の実業家ラウによる裏工作で捜査は難航。

ダークナイトが76点評価の理由

映画の各要素(10点満点中)

ストーリー キャスト(ハマり役)(絵を書く) テンポ

(絵を書く)

演技・シーン

(絵を書く)

5 10 8 8
セリフ 映像の見やすさ(構図など)

(絵を書く)

音楽・音響

(絵を書く)

印象度(記憶に残る)

(絵を書く)

8 8 8 7

序盤・中盤・ラスト(5点満点)

序盤 中盤 ラスト・結末

(絵を書く)

話の筋が通っているか?

(絵を書く)

5 3 3 3

ダークナイトは何点!?

各要素と、序盤・中盤・ラストの合計を100点満点とし計算しています。

の点数は、

76点 B+ランク ☆3.8 

となっております!

圧倒的なスケールの映像は迫力満点ですが、ストーリーの詰め込みすぎで後半がちょっとダレてきた感があります。

ダークナイトのキャストや製作陣

最高のキャストが揃っているダークナイトの制作陣や基本情報を押さえておきましょう!

監督

 

主要キャスト

 

公開年

製作国

興行収入(円)

日本円のマーク

受賞歴

賞のトロフィー

クリストファー・ノーラン クリスチャン・ベール
ヒース・レジャー
ゲイリー・オールドマン
1989

アメリカ

1102億円 アカデミー助演男優賞
アカデミー音響編集賞
脚本

脚本

美術

美術担当

音楽

音楽

主題歌

 

クリストファー・ノーラン
ジョナサン・ノーラン
ハンス・ジマー
ジェームズ・ニュートン・ハワード

前作はバットマンビギンズ

ダークナイトはバットマン・ビギンズの続編です。両方観てない人は必ずビギンズから観ましょう!バットマンビギンズも素晴らしい内容で、個人的にはビギンズの方が好きです!

バットマンビギンズをぶった斬る!80点Aランク評価!ダークナイトより面白い?ヴィランも豪華キャスト!

2019.03.21

次作はダークナイトライジング

個人的には3部作で一番面白いダークナイトライジング!いかついトムハーディやかわいいアンハサウェイも出てます♪

ダークナイトライジングはぶっちゃけ面白い!?84点A評価!キャストやヴィラン、ラストを深く考察!キャットウーマンに文句!

2019.03.21

ダークナイトの見どころ!

ダークナイトの見どころは、何と言ってもヒース・レジャー演じるジョーカーでしょう。ヒクヒクする引きつり笑いや、話しながらベロを出す仕草など狂人そのもの!!怖いだけじゃなく、絵になる格好良さも兼ね備えています。

役柄で言えば、ゲイリー・オールドマンのゴードン警部補も味があってとても好きです。悪の組織に何度がっかりさせられても、頑なにゴッサム・シティを守り続けるゴードン!家族との絆も泣きどころ!

また、バットマンや、ギャング団による、ロープ銃を利用してのビル間の移動も、迫力があって見ごたえ抜群です。ビルから落ちそうなスリルが味わえます。

バットマンのウイングスーツを上手く利用した飛行法もとても良いアイデアで面白い!

中盤の大型トラックや車を使ったカーチェイスも迫力満点!金掛かってるぞ!!

ダークナイトは観るべき?

映像が壮大なアクション映画を楽しみたいという人や、ヒース・レージャーのジョーカーを一度は観たい!という人にはオススメですが、ストーリーが割と混み合って整合性がなく、でテーマも暗いので、なんでも良いから映画を観て楽しみたい!という人には向いてないです。女性受けしない映画の代表格として漫画でもディスられてしまった理由もこれでしょう。

※以後ネタバレになるので、まだこの映画を観てない人は絶対に次の項目には行かないでください!

ダークナイトのあらすじ・結末ネタバレ

ラウを秘密裏に香港から連れ戻したバットマンの活躍により、ゴードンとハービーはマフィアの組織員を大量に収容することに成功。一方、ジョーカーはバットマンがマスクを脱いで正体を明かさない限り、市民を殺し続けると宣言。

裁判長など、市の重要人物がジョーカーや手下によって次々と殺され、ゴードンもジョーカー一味の銃弾に沈む。

ブルース・ウェインは自分の活動に疑問と限界を感じ、正体を明かすことを決意。しかし、先にバットマンだと名乗りをあげたのはハービー・デントであった。バットマンにまだ活躍の場があると考えたハービーの決断であった。ハービーの護送時に奇襲をかけてきたジョーカーは、バットマンと激しいカーチェイスを繰り広げるが、死を偽装していたゴードンによって逮捕される。

ジョーカーの取り調べにバットマンが現れるが、ジョーカーはレイチェルとハービーの身柄を拘束しており、それぞれ場所が離れており、爆弾も仕掛けてある、どちらかひとりしか助けられないと告げる。

ジョーカーから聞き出した住所に二手に分かれ向かうバットマンとゴードン。バットマンはレイチェルを助けに向かったつもりだが、そこに居たのはハービーであった。ジョーカーは”逆”を教えていたのだ。恋人であるレイチェルの方へ助けに行かなかったバットマンを激しく攻めるハービー。バットマンはハービーを爆発前になんとか救助したが、ハービーは爆発による火傷により顔の左半分が焼けただれる。ゴードンは救助に間に合わずレイチェルは爆発により死亡。

ウェインの会社に勤めるコーマンは、TVの生放送でバットマンの正体をバラそうとするが、ジョーカーは”舞台に相応しくない”と考え、市民にコーマンを殺さなければ、街の病院を爆破すると脅す。

街全体の病人を人質にとられた格好になった市民は混乱しコーマンを狙うが、コーマンは車で移動中間一髪のところをブルース・ウェインにより助けられる。

病人の避難が進む中、不恰好なナースがハービー・デントの病室に入る。ジョーカーであった。ハービーはレイチェルを殺害したジョーカーに怒り狂うが、ジョーカーは「殺すつもりはなかった。バットマンのせいでもある」と責任転嫁。

ジョーカーは去り際に病院を盛大に爆破。病人が乗るバスに乗り込み姿をくらます。

ハービーはやり場の無い怒りに駆られ、復讐の鬼”トゥー・フェイス”に変貌を遂げ、レイチェルと自分の誘拐に関わった人物を次々に殺し始める。

ジョーカーはゲームの続行を市民に宣言。巻き込まれたく無いなら街から出て行くよう脅す。ジョーカーが橋に爆弾を仕掛けたと言ったため、市民は大型フェリーでの移動を試みる。警察は市民の安全を確保しつつ、凶悪犯が解き放たれるのを危惧し囚人をフェリーに乗せ移動させる。しかし、ジョーカーは一般市民の乗るフェリーと、囚人の乗るフェリーにあらかじめ爆弾を仕掛けており、それぞれに相手側の船を爆破する装置を委ねた。夜12時までに相手のフェリーを爆破しなければ両方を爆発させると無線で宣言。両方のフェリーの乗客は多数決を取り”爆弾を押す”方が過半数を上回る。

バットマンは街全体の携帯電話を傍受する装置でジョーカーが潜むビルを突き止めた、警察は窓際にマスクを被って立たされた人質たちの方をジョーカー側の人間だと勘違いしたため、バットマンはジョーカーの手下と戦いながら、突入した警察も制さねばならず、苦戦を強いられる。

ジョーカーになんとか辿り着き戦闘中、12時になったが、ボタンを委ねられた二人の男性の善良な心によりフェリーの爆破は防がれた。バットマンはジョーカーを宙吊りにして捕獲するが、ジョーカーは市民のヒーローであったハービーが復讐で人を殺していることが知られればこの街は終わりだと高笑い。

ハービーはゴードンの妻と息子を誘拐。ゴードンは単身助けに向かうが家族を盾にされ、なす術なし。そこへバットマンも現れ、ハービーは危険な”コイントス”ゲームを始めるが、バットマンに突き落とされて絶命。

バットマンはハービーの殺人発覚による市民の絶望を防ぐため、彼が殺した人々は自分が殺したことにしろとゴードンに告げ、警察に追われながらその場を去る。

ダークナイトトリビア

ゴッサム・シティの人口は1200万人

ゴッサム・シティは人口1200万人らしいです。さすがゴッサム!多過ぎw 市じゃなくて州じゃん。

ヒースレジャーのジョーカー徹底分析

ジョーカーの拍手シーン

ヒース・レジャーは自分で化粧をしている

本物ジョーカーは化粧を自分でするだろうと考えたヒース・レジャーは化粧を自分でしたそうです。それが功を奏し、映画史上一番リアルなジョーカーが誕生しました!

歴史上一番”カッコいい”ジョーカー

ヒース・レジャーがもともとイケメンなことに加え、自分する化粧、ノーラン監督など素晴らしいスタッフたちによる映像美によって、ヒース・レジャーのジョーカーはどこか”芸術的”です。観ているだけで絵になりますね。この”スーパースタイリッシュなジョーカー”にファンが増えるのは当然かもしれません。

ジョーカー日記なるものが存在

ヒース・レジャーは役作りのためにホテルに篭り、その時に役作りのために綴った狂気の”ジョーカー日記”なるものが存在するようです!ぜひ読んで見たい!

ジョーカーは”時計じかけのオレンジ”のアレックスが参考になっている

ヒース・レジャーは”時計じかけのオレンジのアレックスを参考にジョーカーの役作りを進めたようです。なるほど!時計じかけのオレンジのぶっ飛び具合を現代版ジョーカーに組み込みたかったんですね!

ちなみにこれがアレックス!時計じかけのオレンジを観たことある人はわかるかもしれませんが、イッちゃってます。

時計じかけのオレンジアレックス

ダークナイトではヒース・レジャーの影に隠れてしまったクリスチャン・ベールも『マシニスト』の”ガリガリ体型”に代表されるように、身を削る役作りで有名です。みんな身も心もボロボロにしながら映画に命を賭けてるんですね!

死因は睡眠薬の過剰摂取

ヒース・レジャーの死因は睡眠薬の過剰摂取のようです。ジョーカー役にのめり込み過ぎて死亡したのかと思ってましたが、本人はジョーカーを楽しんで演じていたよう。ただ、その完成度の高さに魅了された死神に招かれた可能性はありますが、、、

ダークナイトは過大評価!?この映画の残念な部分!

ダークナイトが革命的な映画だからこそ、作品としてイマイチな悪い部分にもしっかりと焦点を当てたいと思います。

犬に弱いバットマン

バットマンは序盤でも犬に噛まれて結構な傷を負い、終盤のジョーカー戦でも犬に苦戦しています。実際大型犬ってかなり強いだろうし、殺したくない気持ちが邪魔してるのもわかるけど、犬に”しどろもどろ”するバットマンは見たくなかったです。

声がカッコ悪い

本物のバットマンは声を変声器で変えるだろう、ということなんでしょうが、低くて耳障りな声になっちゃってます。

バット・モービル(タンブラー)はゴツいミニ四駆

コウモリの面影が全くないバットモービル。ノーラン監督のことなので、実践に耐えうる車というのを考慮して作られたのだと思うが、このフォルムはバットマンが乗るクルマではない。バット・ポッド(バイク)はカッコいいのに。気になる人は下の動画で全種類のバットモービル比較が見れます。

アクションシーンがやたら見にくい

戦闘シーンやカーアクションシーンなど、何がどうなっているのかよくわからない場面が多いです。映像や構図はすごくイイのだから、アクションをもっとスッキリ観やすくしたら尚良かったのに!ストレス溜まります。

バット・ケーブ(洞窟)が出てこない

ブルース・ウェイン邸地下のバットマンのアジトであるバットケーブのシーンがありません。代わりに登場するのはウエイン産業の応用化学部の近代的なフロア!バットケーブが出てこないせいで、ブルース・ウェインが心に傷を負った根暗な性格も併せ持っているということが、この映画から伝わってきません。ストーリーの感情的な整合性が損なわれてしまっています。

ハービー・デント物語の割合が多すぎる

ハービー・デントは物語の重要人物なのですが、バットマン並みに出番があると思われます。多すぎです。ハービーはトゥ・フェイスになるので重要なことは確かですが、正直もっと出番少なくしても物語としては全然成立するだろうに!

僕としてはハービーでなく、ジョーカーのシーンをもっと見たかったです。物語を壮大にしようとする、ノーラン監督のクセが出てますね。

ゴードン、家族には言っとけよ!

ゴードンは。自分の死が偽装のものであると誰にも伝えていなかったため、署の仲間から「ゴードンが殉職しました。」と聞かされた家族が悲しみます。家族がかわいそ過ぎる!偽装だってちょっと話くらいしておこうよ!

手錠外したままにする意味は?

尋問のシーンで、バットマンが来たのでジョーカーの手錠を外しました。これは対等な関係を示すということでまだ許せます。しかし、その後レイチェルとハービーの救出に向かう際、ジョーカーの手錠は外したまま、結果ジョーカーは見張りを挑発し署を爆破して逃走!これはご都合主義が過ぎると思います。

警察に”手の物”潜みすぎ

ハービーやレイチェルがジョーカーの組織に捕まるときが特にそうですが、警察の”手の物”に頼りすぎなストーリーに萎えます。ゴッサム・シティは犯罪率No.1の最悪な街なので、警察組織が腐敗しているのはわかります。ただ、映画として特にスポットが当たっていない警察内部”手の者”が、ジョーカー側の仕事を何でもやってくれるという事実が、結果としてジョーカーの”頭のキレや狡賢さ”を薄める原因になっています。

街の携帯電話を全部盗聴し、利用するという超パワープレイ

街の携帯電話を全部傍受し、その電波や反響でジョーカーを探し出すというものがありましたが、ハイテクで頭良さげに見えて、単なるパワープレイだと思います。実際に可能かはさておき、この技術の端くれでも使えば、ハービーとレイチェルを間違えることもなく、二人ともスムーズに助け出せただろうに。この技術使ったら、逆に悪党がどんなに頑張ってもバットマンに敵わないでしょう。こんなことやってらんねえよ!みたいな感じでフォックスが破壊しますがw

市民との物語になってしまった

風呂敷を広げ、一般市民の倫理観にも触れ、ヒーローの存在意義みたいなよくあるテーマを終盤に持ってきてしまった。そもそも幼少期のトラウマにより、コウモリの姿で夜な夜な活動するバットマンの存在など市民からすれば怪しいも当然。色んな非難を浴びながらも悪を倒すところに”バットマンならではの渋さ”があるのに、その辺を今更ほじくり返した”違和感”がすごい!
バットマンは元からみんなに認められるスーパー・マンのようなヒーローではなく、こっそり活躍する”ダーク・ヒーロー”なんです。

覆面をしている方が人質だよ。窓際にいるし、手震えてるし。

窓際に敢えて立つ犯人はいない。狙撃の的になるから。ましてや頭のキレるジョーカーやぞ!普通に考えて覆面をした方が人質だと導き出せそうなもんですが、、バットマンだけそれに気がつくということで、彼の”頭のキレ”を表現したかったのかもしれませんが、突入部隊の知能レベルが『ポリス・アカデミー』並に低く見え、映画としての緻密さが下がったと思います。

フェリーに乗り込んだ市民の総意は”爆破”

この映画で一番ダメな部分で、テーマに削ぐわないのを勢いと緊迫感で誤魔化している悪い例です。市民側のフェリーも囚人側のフェリーも、多数決で相手側の船を爆破するという決断を下した事実をなかった事にし、最後にボタンを託された男達の善意を市民の総意として描いています。

じゃあ最初から話し合いで決めろよ!そうすれば、市民も囚人も緊急状態では相手を爆破した方がいいと思っていた人が多数派だという、映画のテーマに削ぐわない内容をわざわざ露呈せずに済んだのに。綺麗ごとだけでは済まない後味の悪さが残ります。

そもそも、どちらも爆破しなければ両方爆破するという超理不尽過ぎるルール。つまり、たとえ双方が良心を元にスイッチを押さなくてもルール上は全滅になるので、どちらかが爆破したとしても、誰も彼らが悪だと咎められない内容だろう。要はジョーカーの薄っぺらい勢いにバットマンも観る側も乗っちゃっただけなのだ。

ヒーロー映画ではなく、アクション映画

バットマンではなく、バットマンの格好を借りた単なるアクション映画になってしまってます。

ヒーローが悪者を倒すというカタルシスが一切なく、そこがこの映画の大きな特徴で評価されている部分でもあり、物足りない部分でもあります。

ダークナイトのダメな点まとめ

ダークナイトのダメな点をまとめると、

ヒーロー映画として観るとワクワク感に欠け、アクション映画として観るとリアル過ぎる描写によりストーリーが稚拙に見える!ということだと思います。

全体的にクリストファー・ノーラン監督はリアリティを追求しすぎており、それがこの映画の良い面でもあるのですが、バットマンという作品のバランスを大幅に壊しています。さらにリアリティを追求し過ぎたせいで、ストーリーの整合性のなさが目立ってしまっています。

しかし、結果的に今までヒーローモノを見なかった人たちにも、ヒーロー映画が面白いものとして認知されるようになった功績は無視できません。

ヒースレジャーVSジャックニコルソン

ヒース・レジャーのジョーカーが歴代No.1かはさておき、ジャック・ニコルソンのジョーカーに大差をつけて勝つほどだったのかどうか?名優同士のジョーカーを比べて見ましょう。

ヒースのジョーカーを賞賛するときに多いのが、役作りにどれだけこだわったか?というものや、ジャック・ニコルソンのジョーカーとヒースのジョーカーの写真だけ並べたりしているものです。

実際の演技や迫力について、ジャック・ニコルソンとしっかり比較している人は殆どいないと思います。

ジョーカー ジャック・ニコルソンジョーカー

ポイントである表情について比較してみると、

ヒースのジョーカーは映画全体を通して、割と狂気の表情一辺倒なんですよね。

対して、ジャックのジョーカーは怒りと悲しみと可笑しさを同じ場面で一気に表現することで、異なる感情の切り替わりに”狂った”部分を見てとることができます。

僕の個人的な意見を言えば、ヒース・レジャーのジョーカーは、とてもいいけど、歴史的名演と呼べるほどではない!です。好きですけどね。客観的に観た場合の意見です。

作品の公開間近で亡くなったという部分が、観る人にそこまでして役作りしていたという先入観を与えているのだと思います。

ヒース・レジャーは死なくしては歴代No.1ジョーカーには成り得なかったのです。

役作りのエピソードや若くして死亡というドラマを考慮した時はじめて”最高のジョーカー”になるのだと思います。

まとめると、ヒースのジョーカーは名演ですが歴史的ではなく、ジャックニコルソンのジョーカーより優っていると一概に言えないと思います。

ティム・バートンのバットマンも宜しく!

バットマンといえばダークナイトという風潮が出来上がってしまい、ティム・バートン版のバットマンが全然注目されなくなってしまったからです。ティム・バートンのバットマンは雰囲気が暗く、現実的でなく、万人受けはしないかも知れませんが、最高レベルの美術スタッフやジャック・ニコルソンの名演など、素晴らしいパーツが組み合わさった傑作です。ぜひ観て良さを体感してください!

バットマン(1989映画)87点 A+評価!感想やトリビア!

2019.02.20

ダークナイトの好きなシーン

序盤のジョーカー登場シーン

ジョーカーが覆面を取り、アップで顔を晒す姿には痺れます!最初の仲間を裏切りながらの銀行強盗のシーンは文句なしに面白いです!

ジョーカー登場シーン

ジョーカーの画面越しの笑顔

ジョーカーの笑顔

ジョーカーの画面越し歯を剥き出しにした笑顔は、如何にも”狂人”という感じで素敵なシーンになっています。

 

バットポッド(バイク)がカッコイイ!

バットポッド

バットモービルはイマイチだったけど、バイクの方は機動性抜群で実にスタイリッシュな一品!

バットマンはどっちを助ける!?

幼馴染で元恋人のレイチェルを助けたかったバットマンがジョーカーに騙されハービーのもとへ行き、結果レイチェルは死に、ハービーにも恨まれる。

想像に余りある、ヒーローとしての葛藤が見て取れます。ハービー、レイチェル、バットマンの3者に共感できるとても可哀想だけど素晴らしいシーン!

やっぱジョーカーの病院爆破シーンは最高!

ナース服で病院を爆破するジョーカー!ダークナイトのハイライトだと思います!ナース服、病院、爆破、ジョーカーという最高の4カードが揃った名場面!

ジョーカー病院での爆破GIF

ダークナイト過大評価まとめ

ダークナイトの素晴らしい見どころと、過大評価と言われるイマイチ部分についてまとめてみました。

どういわれようと、アメコミ映画の金字塔的な功績を残し、素晴らしい映画であることに変わりはないですが、だからこそ、手放しに賞賛するのではなくしっかりと作品を見つめたいと思った次第であります。

ダークナイトでバットマンを好きになった人がティム・バートン版バットマンも楽しく見てくれたら幸い!

バットマン(1989映画)87点 A+評価!感想やトリビア!

2019.02.20

バットマンリターンズは根暗な3人が織りなす最高のクリスマスムービー!評価81点Aランク!キャットウーマンやペンギンのキャストは?

2019.02.26

バットマンについて意見があれば是非ください!

KOTA
ランキングに参加しているので、記事が参考になったらページ下部(PCの場合はサイドバー)にあるブログボタンをクリックしてくれる親切な天使を求む!