映画バットマン(1989)の音楽がスゴイ!プリンスやダニー・エルフマン!

バットマンのテーマソングを演奏するプリンス

バットマンvsプリンス(音楽)

この映画の主題歌を担当したのはなんとあのプリンス!

ティム・バートンもジャック・ニコルソンもプリンスのファンであり、

プリンス側もCDセールスなど大人の事情も諸々クリアできるだろうということで合意にいたったようです。

ファンキーなプリンスはゴシックなバットマンのイメージとはちょっと違うような気もしますが、

その”違和感”が劇中の雰囲気を盛り上げる大きな要素になっています。

実際のシーンで説明すると

・冒頭で流れるのは「The Future」

ゴッサム・シティにエレクトリック・ポップな曲が流れている(小さめの音ですが)、、これがめっちゃ映画とマッチしてます!ゴシックな雰囲気に敢えて対象的な音楽を持ってくるプリンスと製作陣センスがスゲー!!

・プリンス流ジョーカーのテーマ曲「Party Man」

ジョーカーが美術館をメチャクチャにするシーンで!ファンキーな「Party Man」というプリンス風ジョーカーのテーマ曲流れている。

街のパレードのシーンではノリノリの「トラスト」・終盤に、バラードのスキャンダラス終盤、スキャンダラスというバラードが教会の場面で少し流れ、物語に哀愁を漂わせています。

僕はバットマンだけでなくプリンスも大好きなので、もちろんこのサントラも持ってます(何故か2枚所有w)!

サントラとはいうものの、実際はバットマンにインスパイアされたプリンスのアルバムです(笑)

でもサウンドは「かっけえ~!」の一言!きっとプリンスもバットマン大好きなんだろうな~!

もしやプリンスの紫好きはコミック版のジョーカーに対するエンターテイナーとしてのリスペクトではないかと?

つまり、ボブ・ケイン(原作者)がバットマンを創らなければ、プリンスのあの音楽スタイルは生まれなかったかもしれません。

映画と音楽って関係が深いですよね!

超余談1

とんねるずは、プリンスのバットダンスのパロディを踊ってます。

超余談2

ジョジョの作者荒木飛呂彦先生は、洋楽のバンド名をスタンドにつけることで有名ですが、

第五部のジョルノ・ジョバーナのスタンド「ゴールド・エクスペリエンス」はプリンスのアルバム名からとってます。

ジョルノの洋服が紫なのもプリンス由来かもしれません。(※プリンスはテーマカラーが紫)

つまり、バットマンという作品がなければ、ジョルノ・ジョバーナも存在しなかったかもしれないのだ!

映画全体のテーマ曲はダニー・エルフマン

主題歌はプリンスですが、映画全体のテーマ曲やオーケストラ曲は、

多くのティム・バートン映画で楽曲制作を務めるダニー・エルフマンが担当しています。

ダニー・エルフマンはオインゴ・ボインゴの元リーダーです。(オインゴ・ボインゴってジョジョの第三部にも出てきますよね。)

ティム・バートンがオインゴ・ボインゴのファンであったことが、映画音楽制作のキッカケだったようです。

ダニーエルフマンが創り上げたバットマンのテーマソングは本当に映画史に残る傑作だと思います。

オインゴボインゴもすごい!エルフマンは天才!

ダニーエルフマンのバンド、オインゴボインゴも聴いてビックリ仰天!!凄くいい!!中毒性がある!オリジナリティヤバし!!

ダニー・エルフマンのメロディーラインや曲の構成が常人の発想ではないです。

映画音楽の場合はオーケストラを意識して曲を書かなければいけないことが多いので、バンド畑の人は普通できないと思いますが、ダニーエルフマンはセンスがずば抜けていたので、バンドマン→映画音楽作曲者として成功できたのでしょう。

ダニーエルフマンは本当天才だと思います。

バットマンの関連記事

バットマン(1989映画)87点 A+評価!感想やトリビア!

2019.02.20

バットマン徹底比較!ティム・バートンとクリストファー・ノーランの違い!

2019.05.24

バットマンビギンズをぶった斬る!80点Aランク評価!ダークナイトより面白い?ヴィランも豪華キャスト!

2019.03.21

ダークナイトの正義と悪の倫理対決はガバガバ!?ヒースのジョーカーは史上最高ではない!良いトコ悪いトコ考察!

2019.03.09

ダークナイトライジングはぶっちゃけ面白い!?84点A評価!キャストやヴィラン、ラストを深く考察!キャットウーマンに文句!

2019.03.21